詳細を見る

柴犬コイン、ミームコインの急騰でカルダノを裏切る可能性

4 mins

ヘッドライン

  • 柴犬は2億2000万ドルの差でカルダノの時価総額に迫っており、反転の可能性を示唆している。
  • 柴犬のようなミームコインは、ジョークから重要な金融資産へと移行しつつある。
  • 柴犬投資家の419倍の利益は、ミームコインのハイリスク・ハイリターンの性質を例証している。
  • promo

柴犬コイン(SHIB)が時価総額でカルダノ(ADA)を追い抜こうとしている。29日現在、カルダノの162.2億ドルに対して柴犬は160億ドルと、両者の差はわずか2.2億ドルである。

直接投資と先物取引の両方で、ミームコインの活動が活発化していることは、ミームコインがニッチなインターネットジョークから主要な金融資産に移行しつつあることを示唆している。

柴犬コインの投資家、急騰で419倍の利益を計上

29日未明、柴犬コインは一時カルダノを上回り、ランキング上位に浮上する可能性を示した。しかし、その地位を維持することはできなかった。この事例は、急激な価格変動で知られるミームコインの不安定な性質を浮き彫りにしている。

歴史的に、カルダノは暗号資産市場のトップ候補であり、2021年の強気相場では時価総額で3位を記録した。現在は10位で、柴犬のような新星との厳しい競争に直面している。

関連記事:柴犬コイン(SHIB)価格予測 2024年・2025年・2030年

時価総額に基づく暗号資産トップ10
時価総額に基づく暗号資産トップ10。ソースBeInCrypto

Shiba Inuコミュニティ内での注目すべき成功は、ミームコインの魅力を浮き彫りにしている。Lookonchainによると、ある投資家は2イーサリアム(ETH)(当時2,625ドル)のささやかな投資を大金に変えた

2021年2月1日に購入された480.9億SHIBトークンは、278.7ETH、総額110万ドルという素晴らしい金額で売却された。その結果、投資家は419倍の利益を得た。注目すべきことに、Shiba Inuチームもこの投資家の成功を祝福している。

「3年前、私たちのコミュニティの熱心なメンバーが、信念を持ってSHIBに投資しました。今日、SHIBは419倍という記念碑的な利益を祝っています」と柴犬コインチームは書いている。

もしこの投資家が2021年10月のピーク時に売却していれば、彼らの利益は410万ドルを超え、156,190%のリターンを記録していただろう。この驚異的な利益は、ミームコイン投資のハイリスク・ハイリターンの性質を例証している。

5月29日現在、ビットコイン(BTC)とイーサリアムが比較的安定しているにもかかわらず、ミームコインは堅調なパフォーマンスを示している。ミームコインセクターの時価総額は24時間以内に2.74%増加し、660億ドルに達した。この成長は、個々のサクセスストーリーを超えて、ミームコインに対する市場の強い関心を示している。

関連記事:2024年注目のミームコインとアルトコイン7選

柴犬に加え、もう1つのミームコインであるペペ(PEPE)はポリゴン(MATIC)の時価総額に近づいており、PEPEは62.9億ドル、MATICは67.5億ドルとなっている。この傾向は、ミームコインが正当な取引機会として受け入れられ、関心が高まっていることを示している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
ハルシュ・ノタリヤはジャーナリストであり、最新のWeb3と暗号資産のニュースを配信することを得意とする暗号資産専門家である。以前はSportyのグロースマーケター、Totality Corpのコミュニティコンサルタントとして、同氏はコミュニティのエンゲージメントとフォロワーを大幅に増加させた。また、トップ暗号資産インフルエンサーのShivam Chhunejaのために、教育的でありながら楽しい体験となるようミームを織り交ぜた魅力的なコンテンツを作成した。彼の多才なスキルは、暗号資産ジャーナリズムにおいて注目すべき人物となっている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー