詳細を見る

ShibariumでShibaSwap 2.0が開始=SHIBトークンの消費が加速

3 mins

ヘッドライン

  • Shibariumで「ShibaSwap」がスタート、トークンのスワッピングとステーキングを提供し、SHIBエコシステムを強化。
  • その他の注目すべき変更点には、新しいトークンやトレンド・トークンのディスカバリー・チャートや、新しいアセットのオンボーディングなどがある。
  • ShibariumへのShibaSwapの移行により取引が増加し、SHIBトークンの燃焼速度が加速する見込み。
  • promo

Shiba Inuのネイティブ分散型取引所(DEX)プラットフォームであるShibaSwapが16日、Shibariumでオフィシャル・ローンチされた。

このDEXはイーサリアムとShibariumの両方で利用可能で、高速で安価な取引に焦点を当てたプロジェクトのレイヤー2スケーリングソリューションです。

Shibarium上のShibaSwap:新たな機能の発見

Shibariumへの移行はいくつかの新機能をもたらします。ユーザーは新しい流動性プールを作成し、ネットワーク上でトークンをスワップし、流動性を提供することで手数料を得ることができるようになりました。その他の注目すべき変更点としては、新しいトークンやトレンドになっているトークンのディスカバリーチャートや、ShibaSwapへの新しいアセットのオンボードがあります。

SHIBチームは、新しい戦略はLPトークンの価値を高め、イールドファーミング・コミュニティ全体に利益をもたらすと主張している。柴犬コインの開発責任者であるShytoshi Kusama氏は、ユーザーに新しいスワップを試してもらい、既存のShibariumトークンをシームレスにスワップに移行することを奨励した。

草間氏はShibaSwap 2.0を「フォークしたてのShibariumの心臓部を再設計したもの」と説明し、コミュニティ・トークンの繁栄を可能にする役割を強調した。

「この新しいユーザーエクスペリエンスはまだShibaswapの初期バージョンであり、さらなるアップデートが予定されていますのでご安心ください」と同氏は付け加えた。

Shibarium上のShibaswapにより、レイヤー2ネットワーク上での取引は増加するでしょう。この活発化はトークンの燃焼速度を加速させ、SHIBの流通供給量を減らし、その価格を上昇させる可能性がある。Shibariumのプロトコルは、燃焼率を高める様々な方法を模索しており、ShibariumとShibaSwapの統合は、この側面に大きな影響を与えるかもしれない。

関連記事:柴犬コイン(SHIB)の価格予測 2024/2025/2030

SHIBバーン
SHIBのバーン:Shiba Burn Tracker

柴犬コイン・コミュニティは、このような動きを楽観視している。SHIB価格は過去24時間で2.8%上昇し、ShibaSwapのガバナンストークンであるBONEは4.7%上昇した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー