詳細を見る

シンギュラリティNET、Fetch.ai、OPが合併の可能性:ASIトークン

4 mins

ヘッドライン

  • SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolはトークンの統合について議論している。
  • この合併は、分散型人工知能の開発を促進することを目的としている。
  • スーパーインテリジェンス・コレクティブは、合併後のプロジェクトのコラボレーションを監督する。
  • promo

SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocol(OP)の3社は27日、それぞれの暗号資産を統合し、統一のASIトークン化を目論んでいる。

この統合は、完全希薄化後の価値が75億ドルという巨大事業体が誕生する可能性があり、分散型人工知能(AI)市場に大きな変化をもたらすことを示唆している。

SingularityNET、Fetch.ai、Ocean ProtocolがASIトークンに注目

ブロックチェーンベースのAIソリューション開発への取り組みで知られるAI暗号資産企業のトリオは、この合併について話し合いを進めている。交渉に近い情報筋は、早ければ3月27日にも発表される可能性があることを明らかにしている。ただし、これはそれぞれのコミュニティの承認が条件となる。

この戦略的な動きは、すべての関係者が共有するビジョンである分散型AIプラットフォームの開発を促進することを目的としている。

トークンがASIトークンに統合されたにもかかわらず、SingularityNET、Fetch.ai、Ocean Protocolはそれぞれの運営上の独立性を維持する。しかし、Superintelligence Collectiveの傘下で協力する。この新しい連合は、SingularityNETの創設者でCEOのベン・ゴーツェルが率いる。

一方、Fetch.aiのCEOであるフマユン・シェイクは、グーグルによる買収前のディープマインドへの初期投資で知られ、この新興集団の会長を務める。

これらの団体の集結は、分散型AI技術を開拓しようとするAI志向のプラットフォーム間の競争が激化していることを反映している。分散型AIがAI技術へのアクセスを民主化しようとしていることは注目に値する。その目的は、アルファベットやマイクロソフトのような技術大手の支配から離れ、企業が株主の利益のみを優先しないようにすることだ。

SingularityNET(AGIX)、Fetch.ai(FET)、Ocean Protocol(OCEAN)のネイティブトークンは、発表後に大きく上昇している。AGIXは15%、FETは16%、OCEANは30%急騰し、投資家はさらなる上昇を期待している。

「AIベースの指標を開発したのは正しい判断だった!暗号資産アナリストのヤロスラフ・クラスコ氏は、「このまま上昇を続けるだろう」と語った

関連記事:【2023年版】おすすめAIツール17選 ー 生産性向上のための人工知能ガイド

提案されているSingularityNET、Fetch.ai、Ocean ProtocolのASIトークンへの統合は、より包括的で分散化された未来への大胆な一歩です。AIとブロックチェーン分野の革新的な精神を例証し、コラボレーションの重要性を強調している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-1934.png
Bary Rahma
バリー・ラーマはニューヨーク大学でジャーナリズムの学位を取得した有能なジャーナリストである。 幅広いキャリアの中で、CNNなどの有名メディアで働き、調査能力とストーリーテリング能力を発揮してきた。現在はBeInCryptoで、ダイナミックな暗号資産に関する洞察に満ちた記事を執筆している。BeInCryptoでの仕事に加え、Binanceのコンテンツライターとして、暗号通貨のトレンド、市場分析、アルトコイン、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、ICO、トークノミクスに関する有益なコンテンツを作成し、専門知識を提供している。ジャーナリズムと暗号資産に関する知識をユニークに融合させた彼女は、この業界で多才かつ高い評価を得ている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー