詳細を見る

ソラナDEXドリフトが1億2000万トークンのエアドロップを開始

3 mins

ヘッドライン

  • Drift Foundationが1億2000万DRIFTトークンをローンチ、総供給量の12%をSolanaにエアドロップ。
  • エアドロップのユニークな2%ボーナスは早期売却を抑制し、対象ユーザーには6時間以上のロック解除を提供する。
  • CoinbaseやBybitのような大手取引所はDRIFTの上場を計画しており、その市場の可能性を強調している。
  • promo

ソラナベースの分散型取引所(DEX)Driftを運営するDrift Foundationは16日、DRIFTトークンのローンチとエアドロップを発表した。総供給量の約12%に相当する1億2000万DRIFTトークンが配布される。

ソラナでの1億2000万トークンのエアドロップ

エアドロップは16日に開始され、2,000万トークンに相当する独自の2%ボーナスコンポーネントが導入された。

対象となるユーザーは、開始時にトークンの初期割り当てを受け、6時間かけてボーナス割り当てがアンロックされる。ただし、最初の100トークンをすぐに請求すると、ボーナスは没収される。このイニシアチブの目的は、早期売却を抑制し、ネットワークの混雑を緩和することだ。

Driftの共同設立者であるシンディ・レオによれば、このアプローチはユーザー体験の向上へのコミットメントを示すものだという。

「歴史的に、エアドロップの請求はネットワークの混雑を引き起こし、何万人ものユーザーやボットがエアドロップを請求しようと殺到するため、最適なユーザー体験とは言えない結果を招いてきました」とLeow氏は語った。

関連記事:2024年に予定されているベスト・エアドロップ

財団はそのトークノミクスと配布計画について詳述した。エアドロップは、ユーザーの参加を認識し、オンチェーンガバナンスへの参加を促進するように設計されている。これには、Drift v2の早期使用、取引活動、特定のプログラムへの参加に基づく割り当てが含まれ、公平で包括的な分配が保証される。

トークンのエアドロップは、主要な暗号通貨取引所から大きな関心を集めている。例えば、Coinbaseはこのトークンをロードマップに含め、Bybitは上場計画を発表した。業界のリーダーたちからのこの早い段階での評価は、トークンの可能性と価値を証明している。

Driftの取引量
ドリフトの取引量|DeFiLlama

DeFiLlamaによると、Driftは累計取引量200億ドル以上を促進し、現在3億3300万ドル以上のバリューロック(TVL)を保持していることは注目に値する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー