詳細を見る

ソラナネットワークが現物資産トークン化に「有望」である理由

8 mins

ヘッドライン

  • Solanaは、債券から物理的な商品まで、多様な資産のトークン化を可能にします。
  • Ondo FinanceやParclなどの主要プロジェクトは、SolanaのRWAトークン化をリードしています。
  • しかし、規制基準と第三者による監査は、成長に不可欠です。
  • promo

Reflexivity Researchは12日、レイヤー1(L1)ブロックチェーンのソラナ(SOL)について、「ソラナ上の現物資産の概要」というレポートを発表しました。

このレポートでは、ブロックチェーンの強力なインフラストラクチャ、堅実な開発者コミュニティ、最先端のテクノロジーに焦点を当てており、現実世界の資産(RWA)トークン化に理想的なプラットフォームとなっています。

Solanaが現実世界の資産トークン化分野で際立っている理由

Solanaは、その高いスループットと活発な取引エコシステムにより、RWAを展開するための重要なプラットフォームとなっています。そのエコシステムは、分散型取引所(DEX)、オラクルサービス、オン/オフランプ、ブリッジを通じてトークン化をサポートしています。

RWAをホスティングするSolanaの利点は、スケーラビリティ、ガス料金の安さ、 トランザクション速度の速さなどです。これらは、トークン化された資産を頻繁に取引するために不可欠です。RWA固有のツールを含む特殊なインフラストラクチャの開発は、Solanaでのトークン化の成長をさらにサポートします。

関連記事:現物資産(RWA)トークン化とは?

また、Solana Program Library(SPL)トークンや非代替性トークン(NFT)のMetaplex標準などの標準化されたトークンを使用して、安全で効率的な取引と流動性の向上を確保しています。SolanaのSPLトークン規格は、ネットワーク上のトークンに関連するすべてのものを処理します。

「これにより、ユーザーは、特定のSPLトークンの転送に資金を盗む可能性のある悪意のあるコードが含まれていないことを信頼できます」とSolanaチームは 書いています

1月、Solanaは「トークン拡張」と呼ばれるイテレーションを導入 、規制された大規模な機関とのコラボレーションを可能にしました。これらの拡張機能は、現実世界の資産トークン化のニーズに対応し、機密送金や利息の蓄積などの機能を提供します。

Solanaの戦略責任者であるオースティン・フェデラー氏は、Solanaのトークン拡張機能には、開発者、企業、金融機関のニーズを満たすために設計された12以上の機能が含まれていると説明しました。

「ゲーム開発者からステーブルコイン発行者まで、トークン発行者は、トークン拡張機能の任意の組み合わせを有効にすることを選択できます。これにより、エンジニアリングチームが行う必要のある作業量が削減され、以前は不可能だった機能が提供されます」とフェデラー氏は説明します

SolanaでRWAのトークン化を推進する主要プロジェクト

Solanaの現実世界の資産トークン化エコシステムは、米国債などの利回りの高い資産から、不動産、プライベートクレジット、現物などの非利回り資産まで多岐にわたります。トークン化された米国債の主要プロジェクトには、 Ondo Finance(USDY) とMaple Finance(キャッシュマネジメント)があります。さらに、SolanaのEtherfuseは、メキシコの個人投資家を対象としたトークン化された債券である「ステーブルボンド」を提供しています。

Real-World Assets Tokenization Projects in Solana.
Solanaの現実世界の資産トークン化プロジェクト: medium/yashhsm

Parcl on Solanaは、利回りを伴わない資産の直接的な不動産所有を必要とせずに、特定の地理的な不動産市場に投資することができます。HomebaseDAOは、不動産資産をトークン化し、Solana上のNFTを使用して部分所有権を可能にします。

一方、Credix Financeのようなプライベートクレジットプラットフォームでは、投資家はステーブルコイン(USDCなど)を流動性プールに割り当てたり、特定の取引トランシェに投資したりできます。クレディックスは、借り手(主に新興市場のフィンテック企業)のUSDC借入を促進します。

さらに、Solanaのエコシステムには、 トークン化された物理的な商品が含まれています。BAXUSはトークン化されたスピリッツの売買を可能にし、Collector Cryptは物理的なカードをトークン化し、AgriDexは農産物をトークン化します。

また、Pyth Networkのオラクルは、Solanaの迅速なブロックタイムと低い取引コストを活用して、取引および金融アプリケーション向けのリアルタイムデータフィードを提供します。この多様性は、 現実世界の資産トークン化がSolana上での広範なアプリケーション と可能性を示しています。

その可能性にもかかわらず、現実世界の資産トークン化セクターは、規制コンプライアンス、強制力の問題、オラクルへの依存などの課題に直面しています。信頼を築き、不正を防止するためには、新しい基準と第三者による監査が必要です。トークン化会社Stoboxの共同創設者兼マネージングパートナーであるBorys Pikalov氏は、ブロックチェーンプロバイダーの規制遵守の重要性を強調しました。

「RWAに重点を置いたチェーンの開発者は、規制対象の事業体がRWA業務のために選択する証券インフラの技術基準に準拠する必要があります。ほとんどのRWA取引が規制される可能性が高いことを考えると、そのようなコンプライアンスの欠如により、RWAに焦点を当てたチェーンの市場は比較的小さくなります」と彼はBeInCryptoに語った。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー