詳細を見る

ネクストPepeコインと期待されるSPONGEが24時間で84%上昇、0.00114ドルを記録

9 mins

ミームコインであるSponge($SPONGE、スポンジ)は、V1からV2へのブリッジ(移行)システムが話題となり盛り上がりを見せたことから、24時間で価格が84%まで上昇し、一時は0.00114ドルを記録、昨年5月に見られた100倍の上昇率に近い好成績をあげました。

市場では、SPONGE V2が次のPepeコインのように、価格を4,046%急騰させる可能性について様々な憶測が飛び交っています。

YouTubeの仮想通貨チャンネルであるJacob Crypto Buryでは、$SPONGEは最近の安値から10倍に上昇しており、この先さらに大きく上昇する可能性が高いと指摘されています。

$SPONGE は、2023年に0.001214ドルの高値をつけましたが、先週その水準を突破して、0.001248ドルの史上最高値を更新しました。

テクニカルな観点では、トークンが過去の史上最高値のレジスタンス(上昇抵抗線)を突破したことは、トークンが強気の流れに入りつつあると捉えることができます。

ゲーム用に最適化された新しいSPONGE V2(バージョン2)トークンを獲得するためには、従来のV1(バージョン1)トークンをステーキングする必要があります。ステーキングすると、トークンは自動的にブリッジされる仕組みとなっています。

現時点では、45億2,770万112トークンが450万802.94ドルの価値でブリッジ契約として入金されています。

SPONGE V1をまだ保有していない場合は、公式サイトで説明されているように、V1を購入してから、ブリッジ契約でステーキングする必要があります。

SPONGE V2で年率357%のステーキング報酬を獲得

現在、SPONGE V2のステーキング報酬のAPY(年間利回り)は357%となっており、この高い利回りから、価格上昇の背景にある「買い」の流れを理解することができるでしょう。SPONGE V2の実用的な新しい機能に魅了されて、新しい資金がSpongeに流入していることは明らかです。


ジャスティン・サン氏は10万6000ドル相当のSPONGEを所有、V1トークンを買い増すか

さらに、強気なトレーダーを後押ししているのが、Tron(トロン)の創設者であるジャスティン・サン氏が先月末に、ビットコインからアルトコインに資産を移行させる様子を見せ、$SPONGE V2のようなミームコインを視野に入れ始めているというニュースです。

SunがBinance(バイナンス)取引所から約1400万ドルを移動させたことから、$SPONGEの価格は先週の6日間で178%まで跳ね上がりました。

著名な仮想通貨の起業家であるSunに関連するウォレットを分析してみると、ゲーム・プラットフォームに転換するためのバージョンアップに乗り出したばかりの$SPONGEのようなトークンを、彼が狙っていることが理解できます。

ミームコインは、より大きな投資リターンを求めるトレーダーが選択する分野として確立しつつあるため、経験豊富な仮想通貨の市場参加者はミームコインに注目しています。

Justin Sunは2023年5月に、Xで「ミームコインと有望なプロジェクトの取引」を始めると投稿し、魅力的なミームコインの買い占めを示唆するような発言をしました。現在、Sunは10万6,000ドル相当の$SPONGEを保有しています。

仮想通貨のセキュリティ会社であるPeckShieldのデータによると、BinanceからJustin Sunに関連するウォレットへの6,166ETHの送金が確認されました。現在の価格では、このETHの送金額は約1,480万ドルに相当します。


また、Etherscan(イーサスキャン)で「Justin Sun 4」とタグ付けされたウォレットアドレスでは、4億8,100万ドル相当の仮想通貨を保有しており、ここでSunは$SPONGEトークンを保有していると考えられています。

Justin Sunは現在、SPONGE V1を1億800万枚(10万6,000ドル相当)保有しています。仮想通貨アナリスト達は、彼がいつ保有数を増やし、トークンをブリッジするのか、このウォレットの動きに注目しています。

トークンの全ポートフォリオはdebank.comから閲覧可能です。

Spongeの他に、Justin Sunが保有するトップミームコインは、SHIB(549万ドル)、(FLOKI(63万ドル)、BabyDoge(40万ドル)、PEPE(6万ドル)などがあります。

Sunのものだと思われる別のウォレットアドレスでは、3億100万ドル相当の仮想通貨が確認されており、そのほとんどがETH(Ethereum、イーサリアム)となっています。このウォレットに入っているほんの一部の資産がSpongeに流れるだけで、Spongeの価格が急騰するような強い影響力があります。

このように、仮想通貨ウォッチャーは、Sunを含め、仮想通貨の次のブルラン(強気相場)に備えて動いている他のクジラ(大口投資家)による同様の取引にも注視しています。

SPONGEがDextoolsの注目のペアトップ10にランクイン

Dextoolsが提供する注目のペアランキングでSpongeは、先週トップ10にランクインしました。

Dextoolsのデータによると、SPONGEコインの保有者は現在約12,200人となっていますが、この数字にはCEX(中央集権取引所)とブリッジ契約で保有されているコインは含まれていません。

また、Coinmarketcapによると、過去24時間のSpongeの取引量は97万ドルで、時価総額は2,400万ドルとなっています。

魅力的な利回りと、大きな収益を生み出すゲームのポテンシャルに加えて、SPONGE V2は公式サイトでも公言されているように、「より大きな取引所」でもローンチ(発売)される予定もあります。

SPONGEトークンは現在、Gate.ioMEXCBitgetPoloniexなどの主要取引所で入手可能となっていますが、Tier1の取引所であるOKXやKucoin、そしておそらくBinanceへリスティング(上場)する可能性が大いにあると考えられるでしょう。

ベスト暗号資産取引所

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。KADOKAWA 雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきました。近年は暗号資産関連の記事も執筆しているほか、SEOスペシャリスト、マーケティング関連業務に従事。 専門分野:SEO、WordPress、マーケティング、編集、翻訳
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー