詳細を見る

この金融会社がビットコインETFのオンボーディングを延期する理由

6 mins

ヘッドライン

  • LPLファイナンシャルは、商品の持続可能性を確保し、潜在的な損失を回避するため、ビットコインETFの提供を3ヶ月間延期する。
  • ブローカー・ディーラーは475の投資信託を提供し、グレイスケールを含む35の上場商品発行会社が提供する商品にサービスを提供している。
  • 2023年には、アーク・インベストのパートナーである21シェアーズの6つの暗号資産ETFを含む253のETFがクローズされ、業界の専門家から注意が促されている。
  • promo

米国最大の独立系ブローカー・ディーラーの1つであるLPL Financial Holdingsは、ビットコイン上場投資信託(ETF)を提供する前に時間を置いている。同社は、潜在的な損失を最小限に抑えるために、投資家と企業の損失を最小限に抑えるために、3ヶ月かけてETFのリスクを評価する。

LPL Financialは、新しいETFが脚のないブーム商品でないことを確認するために、ビットコインETFの提供を3ヶ月間延期する。

LLPがビットコインETFを延期する理由

ブローカーディーラーは、その持続可能性を評価できるようになってから、ビットコインETFのスポットを提供する。最大3ヶ月のデューデリジェンス期間中、同社はファンドが投資の有用性をより正確に反映する間、損失を避けたいと考えている。ロブ・ペットマン氏によると、ビットコインに投資している投資家や企業は、商品が十分な資産を蓄積できなかった場合、大きなダメージを受ける可能性があるという。

bitcoin etf fail bitcoin price
2023年のETF閉鎖|出典:モーニングスターモーニングスター

“(失敗は)投資家にとっても、ファイナンシャルアドバイザーにとっても非常にネガティブな経験となる。また、当社のような会社にとって、それを促進する手助けをすることは、運営上とてつもなくコストがかかります。”

LPLファイナンシャル・ホールディングスは、475の投資信託と35の上場商品発行会社にサービスを提供している。同社が組み入れた唯一のビットコインETFは、グレイスケールのビットコイン・トラストである。ブラックロックやフィデリティを含む他の会社のETFはまだ検討中である。

続きを読む2022年に注目すべき暗号資産企業トップ11

異なるプロバイダーで投資されるファンドに大きな格差があることも懸念材料だろう。Grayscaleを除くと、最大のビットコインスポットETFは30億ドルを保有しているが、WidomTreeのビットコインファンドは1200万ドル以下だ。

ブラックロックとそのCEOは気が気でないようだ。ラリー・フィンクによれば、ビットコインETFは始まりに過ぎない。同社は、金融資産のブロックチェーンによるトークン化によって、投資会社が提供できるものが増えると期待している。

「我々は、これは始まりに過ぎないと考えている。ETFは金融市場における技術革命のステップ1です。ステップ2は、あらゆる金融資産のトークン化です。”

ビットコイン価格はLLPのアプローチを正当化するか?

それでも、2023年に244のETFが閉鎖されたことは注目に値する。その中には、ARK Investのパートナーである21Sharesの6つの暗号資産ETFがあった。VanEck Digital Assets Mining ETF (DAM)とVolt Crypto Industry Revolution商品も閉鎖された。

バーンスタイン社のリチャード・バーンスタイン最高投資責任者(CIO)は、投資家はビットコインETFに投資する前に待つのが賢明だと述べた。同氏は暗号資産を、金融機関が想定していなかったリスクを引き起こした住宅バブルやテクノロジーバブルになぞらえている。

「ETFによる)ビットコイン投機の広がりとその後のデフレは、(テクノロジーや住宅バブルと)同様のリスクを露呈する可能性がある

続きを読む暗号通貨取引:初心者のためのビットコイン取引方法

ETF Storeのネイト・ジェラチCEOによると、当初のブームを受けて、ビットコインETFの取引戦略では買いよりも売りが多くなっている。それに伴い、ビットコインの価格はETF承認後に市場が期待したほど高く動いておらず、中期的には投資家にとって懸念材料となる可能性がある。

BeInCryptoはLPL Financialに問い合わせたが、記事掲載時点ではまだ返答がない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー