詳細を見る

ステーブルコイン規制が米国で成立寸前?

4 mins

ヘッドライン

  • 米国でのステーブルコイン規制が間近に迫り、暗号資産コミュニティでは期待と噂が渦巻いている。
  • ソーシャルメディアは、ステーブルコイン規制が全国的な規制変更につながる可能性を示唆している。
  • ステーブルコインの規制は、1:1バッキングやマネーサービスへの分類を含め、暗号資産市場の透明性を高める。
  • promo

米国におけるステーブルコインの規制がこれまで以上に近づいていると報じられ、様々な憶測や噂が飛び交っている。

ソーシャルメディアの報道は、これらの規制が各国の規制枠組みのさらなる発展につながる可能性があるとの憶測を煽っている。

ステーブルコインの規制が近づく

最近の報道によると、マキシン・ウォーターズ下院議員は、ステーブルコイン規制が米国で署名される日が近づいていると宣言した:

“NEW:マキシン・ウォーターズ氏、ステーブルコインに関する合意は “非常に近い”

暗号資産業界全体が、より広範な業界に対する規制がいつになるのか、まだ迷っている一方で、ステーブルコインが明確になるという確信がより強くなっている。

1月16日、BeInCryptoは、Circle CEOのJeremy Allaire氏が、ステーブルコインの規制が2024年に米国で可決される可能性は「非常に高い」と述べたと報じた。

続きを読む2024年のベストステーブルコインガイド

アレア氏は、ダボスで開催された世界経済フォーラムでのインタビューで、世界的な規制の取り組みが拡大しており、米国も追随する可能性が高いと述べた。

ステーブルコインは、伝統的な銀行と比較して、より迅速で安価な支払いなどの利点を提供する。しかし、規制はマネーサービスと顧客の双方にとって競争条件を公平にすることを目的としている。ステーブルコインは、法定通貨と1対1の裏付けを維持し、価値を保存する資産として規制を受けなければならない。

さらに、ステーブルコインの発行者はマネーサービス事業に分類され、そのような事業体に適用される関連税法を遵守しなければならない。

ステーブルコインの時価総額

最近の規制の不透明さがステーブルコイン市場の足かせとなり、18カ月間の下落につながったと報じられている。2023年10月、BeInCryptoは、2022年5月以降、ステーブルコインの時価総額は35%減少したと報告した。

DeFiLlamaの最近のデータによると、ステーブルコインの時価総額は1359億4000万ドルである。

Total Market Cap of Stablecoins. Source: DeFiLlama
ステーブルコインの時価総額合計。出典DeFiLlama

CoinMarketCapによると、テザー(USDT)は依然として時価総額最大のステーブルコインである。

公表時点で、Tetherの時価総額は961億3000万ドル。ステーブルコイン全体の時価総額の約70%を占めている。

続きを読むステーブルコインとは何か?初心者ガイド

一方、USDCはおよそ275億ドルの時価総額を維持し、DAIは53億ドルの時価総額で後塵を拝している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー