詳細を見る

サイバー攻撃を防ぐために、これらの企業はどのようにAIを活用するのか?

5 mins

ヘッドライン

  • マイクロソフトとOpenAI、サイバーセキュリティにおけるAIの悪用対策で提携。
  • マイクロソフトのCopilot for Securityは、AIのプロアクティブな防御の役割を例証している。
  • 2023 Web3侵害で18億ドルの損失、セキュリティの必要性が浮き彫りに
  • promo

人工知能(AI)の進化に伴い、サイバーセキュリティ対策を強化する可能性が世界中の企業にとって焦点となっている。

サイバー攻撃の速度、規模、巧妙さが憂慮すべきほどエスカレートする中、サイバー犯罪者を出し抜くためにAI技術を統合する企業が増えている。

マイクロソフトとOpenAIがAIでサイバーセキュリティを強化する方法

マイクロソフトは OpenAIのようなAIイノベーターと提携 し、サイバーセキュリティにおけるAIの役割を模索している。具体的には、悪意ある行為者がAIをどのように悪用するのか、またAIをどのように防御に利用できるのかを検討している。さらに、悪意ある行為者が有害な目的でAIを使用しないよう、責任あるAIの使用事例を推進することを目指している。

マイクロソフトの取り組み、特にCopilot for Securityは、AI主導のツールでサイバーセキュリティを強化するための積極的な対策を例示している。こうした取り組みは、AIに関するホワイトハウスの大統領令など、より広範な業界の指令と一致している。同大統領令は、国家安全保障や公共の福祉に影響を与えるAIシステムに対し、厳格な安全・セキュリティ基準を求めている。

「このコミットメントの一環として、私たちは脅威行為者に関連する資産やアカウントを破壊し、OpenAI LLMテクノロジーとユーザーを攻撃や悪用から守るための対策を講じ、私たちのモデルを取り巻くガードレールと安全メカニズムを形成してきました」とマイクロソフトは説明している。

2023年には、Web3業界だけで751件のセキュリティインシデントが発生し、18億ドルという驚異的な損失が発生しました。これらのインシデントは、コードの悪用やフィッシング攻撃から、秘密鍵の漏洩や出口詐欺のようなより複雑なスキームまで多岐にわたり、後者が侵害のかなりの部分を占めている。

続きを読むAIによるスマート・コントラクト監査:迅速な解決策か危険なビジネスか?

2023年セキュリティ・インシデント件数とインシデント・タイプ別損失額。出典CertiK

最も深刻な金銭的被害は秘密鍵の漏洩によるもので、暗号資産企業に8億8,090万ドルという莫大な損失をもたらした。実際、この脆弱性は、機密情報の保護における強固なセキュリティ対策の必要性を浮き彫りにしている。

このような脅威の激化に対応するため、マイクロソフトは、国家レベルの高度持続的脅威(APT)やサイバー犯罪組織など、特定された脅威行為者によるAIの悪意のある利用を阻止することを目的としたポリシー・アクションを策定しました。これらの原則は、悪意のあるAI利用の特定と無効化、脅威インテリジェンス共有のための他のAIサービスプロバイダーとの連携、脅威行為者に対して取られた措置に関する透明性へのコミットメントを包含しています。

続きを読む暗号資産セキュリティ:早期脅威検知のためのガイド

マイクロソフトとOpenAIの共同防衛戦略は、AIの生成能力が悪意のある活動に対抗するために活用されるサイバーセキュリティの未来を垣間見せてくれる。国家行為者やランサムウェアグループを含む300以上のユニークな脅威行為者を追跡することで、Microsoft Threat Intelligenceは、AIが促進する脅威を特定し、緩和する上で重要な役割を果たしています。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー