詳細を見る

テレグラムの大胆な飛躍:メッセージングアプリから暗号資産へ

4 mins
更新 Bary Rahma

ヘッドライン

  • パヴェル・ドゥーロフは、メッセージングを超えたTelegramの進化を概説し、暗号資産への転換を目指した。
  • Telegramは、アセットを購入し、NFTを作成するための機能を導入し、大幅な収益シェアを計画している。
  • USDTはTONブロックチェーン上で開始され、Telegramのサービスと緊密に統合され、より広範なアクセスが可能になる。
  • promo

Token2049カンファレンスでTelegramの創設者であるPavel Durovが講演した。 同氏は、メッセージングアプリとしての起源を越えて進化したプロジェクトの将来について概説した。

BeInCryptoは、彼のビジョンを聞き、Telegramを暗号資産に変えるというドゥロフ氏の約束を共有するために会議に参加した。

暗号資産に対するTelegramのビジョン

ドゥロフ氏は、Telegramをコミュニケーションと表現の自由、そして暗号資産イニシアティブを含む広告への開放性に焦点を当てたプラットフォームと位置づけた。同氏は、出席者が詐欺行為に関与していないことを望むと表明した。

「テレグラムはコミュニケーションの自由、表現の自由、そして暗号資産詐欺を自由に宣伝することができる。しかし、そのようなことはしないでほしい」と同氏。

今後、Telegramは暗号資産や現物資産を購入できる機能を導入する予定だ。目標は、ユーザーがコンテンツ制作者にチップや寄付を送ったり、NFTを作成・販売したりできるようにすることだ。

開発者には、ミニ・アプリや収益化の手段を作成するためのツールが提供され、Telegramは強固な暗号資産エコシステムに変貌する。開発者はアプリ内販売で得た利益の70%を受け取る。一方、アーティストはステッカーや絵文字の販売から利益の95%を受け取ることになる。

Durov氏は、Telegramのスケーラビリティと大規模なユーザーベースが暗号資産アプリケーションの展開に理想的なプラットフォームであると強調した。

続きを読む2024年に参加すべき暗号資産Telegramグループ

Token2049において、主催者はTONブロックチェーン上でのステーブルコインUSDTのローンチを正式に発表した。この統合は、USDTがすべてのTelegramサービスに緊密に統合され、何百万人ものユーザーが暗号通貨の世界に簡単にアクセスできるようになることを意味する。

TONとUSDTの統合に関するその他の詳細には、ネットワークの混雑や取引量に関係なく、上限0.15ドルの固定手数料、リテールユーザーへのフォーカス、USDTでオンチェーン手数料を支払う機能、多くの利用者がいるプラットフォームでオンチェーン取引を処理する機能などが含まれる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー