詳細を見る

ビットコインマイナーのTeraWulf、AIとHPCの需要拡大のためエネルギーインフラを拡張

5 mins

ヘッドライン

  • ビットコイン・マイナーのTeraWulfがAIとHPCアプリケーション向けに295MWに能力を増強。
  • マリナー湖の施設は、同社の拡大戦略の鍵となる。
  • 市場動向は、AIブームがビットコインの採掘者をデータセンターの役割に向かわせることを示している。
  • promo

ビットコイン・マイニング業者TeraWulf Inc.は現在、エネルギー・インフラの拡大に向けた準備を進めている。TeraWulf社は、暗号資産マイニングのみに特化した事業から、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)や人工知能(AI)アプリケーションのサポートに移行する。

TeraWulfは最近7,750万ドルのタームローンを返済したことで、運用インフラ能力の増強に投資できるようになり、AI業界の重要なプレーヤーとして位置づけられるようになった。

AIブームがビットコインマイナーのデータセンター改革を後押し

同社の拡張計画は、今年中に運用インフラ容量を210メガワット(MW)から295MWに増やすことを目指している。さらに、近い将来にはさらに300メガワット増強する可能性もある。テラウルフのポール・プラガー最高経営責任者(CEO)は最近の声明で、この拡張の重要性を強調した。

関連記事:暗号資産マイニングは稼げるのか

「エネルギー・インフラストラクチャー企業として、当社は、ビットコイン・マイニングやその他のハイパフォーマンス・コンピューティング事業など、当社の膨大なエネルギー容量の最適な用途を継続的に開発し、特定することに専念しています。同氏は「当社は、持続可能で拡張可能な数百メガワットのエネルギー・インフラに即座にアクセスすることができます。

ニューヨークのレイク・マリナー施設もまた、テラウルフの拡大努力において重要な役割を果たしている。同社は、新しい採掘機の配備と第4棟の建設により、この施設を強化する計画を発表した。これらのアップグレードにより、TeraWulfは7月までに毎秒10エクサハッシュ(EH/s)のハッシュレートを突破する予定だ。

TeraWulfのAIホスティングへの戦略的シフトは、さまざまな業界動向と一致している。BeInCryptoは、Core ScientificやHut 8など、他のビットコインマイニング企業もAIアプリケーションを含むように事業を多様化していると報告した。

AIブームが続く中、これらの技術をサポートするデータセンターと強力なチップの不足が深刻化している。先進的なハードウェアと冷却システムを持つビットコインマイナーは、このギャップを埋めることができるユニークな立場にある。

LuxorのCOOであるイーサン・ヴェラ氏はBeInCryptoに対し、長期的な電力と土地の契約とともに、米国で大量の電力にアクセスできるビットコインマイナーは、データセンター企業と提携し、マイニングにかなりのプレミアムを付けて販売できるユニークな立場にあると語った。同氏は、特にCore Scientific、Hut 8、SolunaがAI戦略について発表した後、市場がこの価値を認識し始めていると指摘した。

関連記事:利益を最大化するAI暗号資産取引ボット14選

「データセンターの構築は、ビットコインのマイニングファームとは異なる作業であり、はるかに高度な電力、インターネット、冷却の冗長性を必要とする。しかし、十分な資本と優れたチームがあれば、構築は可能です。ビットコイン・マイニングとは異なり、無許可で利用できる単一の顧客が存在しないため、これらの企業はコンピュートを市場に投入するために、ソフトウェア・スタックを構築するか、企業と提携する必要があります」とヴェラは説明する。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー