詳細を見る

【速報】 テラフォーム・ラボ、44億7000万ドルでSECと和解

2 mins

ヘッドライン

  • テラフォーム・ラボ、証券詐欺疑惑でSECと44億7000万ドルで和解。
  • 今回の和解はSEC史上最大規模のもので、投資家保護を重視している。
  • ファンドは投資家を補償し、暗号資産分野の規制監督を強化する。
  • promo

テラフォーム・ラボは米国証券取引委員会(SEC)と44億7000万ドルで和解することに合意し、暗号通貨業界に対する規制の取り締まりにおいて重要な決着を見せた。

この和解は、Terraform Labsがデジタル資産の安定性と安全性について投資家を欺くことによって証券詐欺を行ったという申し立てに対処するもの。

テラフォーム・ラボ、44億7000万ドルでSECと和解

この和解はSEC史上最大級のものであり、暗号資産市場における証券法の執行に対する規制機関のコミットメントを反映している。アルゴリズムによるステーブルコインTerraUSDで知られるTerraform Labsは、コインの価値が急落し、投資家に大きな損失をもたらした後、精査に直面した。

「少なくとも2018年4月から2022年5月にかけて、TerraformとKwonは未登録の取引で暗号資産証券を提供・販売し、米国の個人投資家や機関投資家に壊滅的な損失を与えるなど、少なくとも400億ドルの市場価値を失わせる詐欺的なスキームを実行した」と裁判所に提出された書類には書かれている

関連記事:暗号資産詐欺プロジェクト:偽トークンを見破る方法

この事件は、暗号通貨企業に対する透明性の維持と金融規制の遵守を求める規制圧力の高まりを浮き彫りにしている。これは、米国の証券取引法を遵守しなかった場合の結果について、業界への警告となる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー