詳細を見る

Tether社CEO、OpenAIのハッキング防御法を明かす

4 mins

ヘッドライン

  • パオロ・アルドイノCEOによれば、テザーはセキュリティとプライバシーを強化するために分散型AIモデルを開発している。
  • これらのモデルは、ローカルで実行可能なAIを可能にし、デバイス上のユーザーデータを保持し、システムの独立性を確保する。
  • このイニシアチブは、オープンソースのAI開発のための業界標準を設定することを目指して、テザー社の新しいAI部門と一致している。
  • promo

USDTステーブルコインを発行するTether社は現在、分散型人工知能(AI)モデルを開発している。

CEOのPaolo ArdoinoはXでこのことを明らかにし、これらのモデルが昨年のOpenAIのハッキングを防げたかもしれないと述べた。

Tetherは分散型AIモデルに取り組んでいる

報告によると、ハッカーがOpenAIの社内メッセージング・システムに侵入し、同社のAI製品設計に関する情報を盗んだという。しかし、攻撃者はAI開発を収容しているシステムにはアクセスできなかった。

この事件は2023年4月の会議で従業員と取締役会に開示されたが、同社はこのニュースを公表せず、法執行機関にもハッキングを報告しなかった。同社の沈黙は厳しい批判を浴び、その対応を批判する声もある。しかし、アルドイノは、同社がローカルで実行可能なAIモデルを運用していれば、この事態は防げただろうと考えている。

Ardoinoは、これらのモデルはユーザーのプライバシーをよりよく保護し、システムの回復力と独立性を確保すると説明した。同氏は、新世代のスマートフォンやラップトップは、一般的な大規模言語モデル(LLM)をユーザーのデータで微調整するのに十分強力であり、機能強化をデバイスのローカルに保存することができると指摘した。

「ローカルで実行可能なAIモデルは、人々のプライバシーを保護し、回復力/独立性を確保する唯一の方法です。新世代のスマートフォンやラップトップは、ユーザー自身のデータで一般的なLLMを微調整し、デバイスにローカルに機能強化を保存するのに十分すぎるほど強力です」とアルドイノ氏は語った

Ardoinoはさらに、「WIP(Work in progress)」という結論でコメントを終えることで、同社がこれらのソリューションに取り組んでいることをほのめかした。

この暴露は、AIのトレンドを利用することを目的としたテザー社の新しいAI部門と一致している。同社は、新たな業界標準となるオープンソースのマルチモーダルAIモデルの開発を開拓しようとしている。同社はすでに、ノーザン・データ・グループのようなAI企業に多額の投資を行っている。

「テザー・データは、オープンソースのマルチモーダルAIモデルの開発を先駆け、新たな業界標準を確立し、AI技術におけるイノベーションとアクセシビリティを推進する計画である

続きを読む:ステーブルコインとは何か?初心者ガイド

テザー社のAI部門は、AIモデルを構築し、AIソリューションを市場主導型の製品に統合するための共同作業を指揮する。この部門はまた、オープンAIの分野を発展させることも目指している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

oluwapelumi-adejumo.png
Oluwapelumi Adejumo
オルワペルミは、ビットコインとブロックチェーン技術が世界をより良く変える可能性を秘めていると信じている。同氏は熱心な読書家で、2020年に暗号資産についての執筆を始めた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー