詳細を見る

TetherとTON財団が銀行口座を持たない人々のために協力

5 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • Tether、TON Foundation、Oobitが提携し、世界中で暗号資産取引を提供、銀行口座を持たない人々を金融ソリューションで支援。
  • この提携は、分散型テクノロジーを通じてボーダレスな金融システムを構築し、取引のアクセシビリティと効率性を向上させることを目的としている。
  • Oobitの "Tap & Pay "金融機能を統合することで、世界1億以上のVisaおよびMastercard対応企業での暗号資産決済が可能になる。
  • promo

Tether社は、TON財団およびモバイル決済アプリケーションのOobitと協力し、暗号資産取引を行うためのソリューションを開始すると発表した。これにより、銀行口座を持たない人々に金融ソリューションを提供しようとしている。

USDT発行会社は、この提携はデジタル金融を強化する分散型技術ソリューションを通じて「ボーダレス」な金融システムを提供することに重点を置いていると強調した。そのゴールは、人々にとってアクセシビリティと有効性の「新時代」を創造することである。

TetherとTONはUSDTでモバイル決済を促進する

Tether社は、2億ドル以上のUSDTをTONブロックチェーンに割り当てたことを強調した。これにより、ユーザーはステーブルコインをTelegramのダイレクトメッセージとして送信したり、インスタント暗号資産として支払うことができるようになった。

「今回の提携は、イノベーションとアクセシビリティを推進するという我々のコミットメントを強調するものです。テザー社のパオロ・アルドイノ最高経営責任者(CEO)は、次のように説明した。「私たちは共に、銀行口座を持たない人々に銀行ソリューションを提供し、ユーザーが暗号通貨で取引する方法に革命を起こします。

Oobitの統合は、暗号資産ユーザーがアップル・ペイに似た非接触決済を可能にする「タップ&ペイ」と呼ばれるエクスペリエンスに関連している。このソリューションにより、VisaとMastercardを利用できる1億以上の企業で暗号資産が利用できるようになる。

続きを読む2024年、5つのベスト・トンコイン(TON)ウォレット

「TON財団とTetherとの協力は、このコミットメントを例証するものです。OobitのCEOであるAmram Adar氏は、「私たちは単に別の支払いオプションを提供するだけでなく、銀行口座を持たない人々がOobitを使って最も著名な暗号通貨や世界的な支払いにアクセスできるようにしています」と述べた

世界銀行によると、世界で約14億人が銀行口座を持たず、低所得層や発展途上層に属し、地方に住んでいるという。同機関は、全人口に金融サービスを提供するためには、企業と政府が協力する必要があると認めている。

TONと提携しているインスタント・メッセージング・プラットフォームのテレグラムは、世界で9億人以上のユーザーを抱えている。さらに、そのユーザーベースはTetherの金融包摂の目標によく合致している。

TON財団は、市場最大のステーブルコインであるUSDTを統合することで、金融包摂の目標を継続する。さらに、テザー社のステーブルコインであるXAUTを組み込む予定であり、これは1トロイオンスあたりの金現物の価値にペッグされている。

この開発は、Pantera CapitalによるTONへの最近の非公開投資に続くものである。この投資は、TONがTelegramのユーザー層で支持を集め続けている重要なマイルストーンとなる。

続きを読む2024年5月に投資すべき最高のアルトコインはどれか?

TONの価格パフォーマンス。
TONの価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

しかし、市場はこの最近のニュースにポジティブに反応しなかった。TONのネイティブトークンはその日のうちに4%以上下落し、6.72ドルとなりました。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー