詳細を見る

Tether(USDT)、規制の見直しの中、欧州で規制に直面

3 mins

世界第4位の暗号資産取引所OKXは、欧州経済領域(EEA)におけるテザー(USDT)の取引ペアを廃止する。

この決定は、2024年12月30日に完全実施される予定のEUの暗号資産市場(MiCA)規制の採択に沿ったものです。

テザーのUSDTが欧州で制限される可能性

MiCAは、USDTのようなステーブルコインのガバナンスに特に重点を置き、暗号通貨運用のための包括的な枠組みを確立することを目的としている。この規制の前進は、フィンテック分野のイノベーションを育成しながら、金融エコシステムを保護するというEUのコミットメントを意味する。これはまた、デジタル通貨のより厳格な監視に向けた重要な軸を示すものであり、地域内での使いやすさや受け入れに影響を与える可能性がある。

OKXのカスタマーサポートが最近確認したところによると、テザーは3月14日からEEA内のトレーダーが利用できなくなった。OKXのウェブサイトは3月15日の時点でEEAでのUSDTペアの利用可能性を示していたにもかかわらず、このような事態となり、取引所の規制変更に対する準備態勢に疑問が呈された。

OKXが取った積極的な措置は、国内外の金融規制を遵守する業界全体の傾向を示すものである。EUがデジタル通貨ガバナンスの複雑さをナビゲートする準備を進めている中、世界の暗号通貨市場と欧州のトレーダーへの影響は引き続き関心の的となっている。OKXによるこの戦略的な調整は、規制遵守に対する取引所の献身を反映するだけでなく、欧州における暗号通貨取引の進化する状況を強調するものです。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー