詳細を見る

タイのカシコン銀行、大手暗号資産取引所サタン(Satang)を買収

4 mins

ヘッドライン

  • タイ第4位のカシコン銀行(KBank)は27日、現地大手の暗号資産取引所サタン(Satang)株式97%を取得し、同社を買収した
  • カシコン銀行は9月に1億ドル規模のWベンチャーキャピタル「KXVC」を設立し、AI、Web3、ディープテック分野への投資を進めている
  • タイのセター新首相はかねてより同国の暗号資産業界に進出しており、暗号資産およびブロックチェーン、Web3産業への影響を持つ可能性が指摘されている
  • promo

タイ第4位の大手銀行カシコン銀行(KBank)はこのほど、同国の暗号資産(仮想通貨)取引所サタン(Satang)を買収した。公式資料によると同行は27日、サタン社株式の97%を取得。買収は、カシコン銀行子会社ユニタ・キャピタルを通じて行われた。今回の買収に伴い、サタン社は今後、オービックス・トレード・カンパニー・リミテッドへと名称を変更する。

カシコン銀行法人部門は多くの日本の銀行とパートナーシップを結んでおり、日本国内にも支店を構える。また、タイ・バンコクの本店は日本人窓口を設置しており、タイ国内の在留邦人にとっても馴染みが深い。

カシコン銀行、暗号資産交換業およびWeb3事業に進出

ユニタ・キャピタル社は今回の買収に伴い、暗号資産カストディアン会社オービックス・カストディアン、暗号資産ファンド管理会社オービックス・インベスト、ブロックチェーンインフラ開発会社オービックス・テクノロジーという3つの子会社も設立した。ユニタ・キャピタル社は2022年3月に登記を完了し、資本金は約164億円(37億500万バーツ)。今回買収されたサタン(旧サタン・プロ)は17年創業の大手暗号資産取引所。同社のポラミン・インソム創業者は、プライバシーコインFIRO(旧Zcoin)を手がけたことで知られている。

カシコン銀行は9月、1億ドル(約147億円)規模のWeb3ベンチャーキャピタル「KXVC」を設立。アジア太平洋地域などを中心とし、AI(人工知能)、Web3、ディープテック分野の新興企業をターゲットに投資を進めている。

同国では大手のサイアム商業銀行(SCB)が21年、タイ最大の暗号資産取引所ビットカブ(Bitkub)の株式51%を買収する契約に署名。しかしその後、暗号資産市場が下落したことなどを受け、翌22年に買収取引を中止した。

タイ新首相セター氏、暗号資産に肯定的な姿勢

タイでは8月、同国不動産デベロッパー大手サンシリのセター・タウィーシン元社長兼CEOを次期首相に選出。セター氏はかねてより暗号資産業界に進出しており、タイ現地の暗号資産およびブロックチェーン、Web3産業への影響を持つ可能性が指摘されている。

セター氏率いる与党のタイ貢献党は9月、タイ国民に約4万円(1万バーツ)を配布する景気政策を発表。居住地から半径4km以内に位置する店舗で商品やサービスを購入できるユーティリティ・トークンを、デジタルウォレットを使って配布する計画だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shunsuke-Saito.png
Shunsuke Saito
青森県出身。2021年に暗号資産(仮想通貨)投資を開始後、22年よりライターとして従事。国内暗号資産メディアにてライター・編集を経て、23年3月、BeInCrypto(ビーインクリプト)にジャーナリストとして参画。ビットコイン、NFT、PoSノード、DeFiなどへの投資経験を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー