詳細を見る

弱気相場終了の兆しあり – 専門家おすすめの仮想通貨6選

20 mins
記事 T
更新 T

2022年を襲った弱気相場の終わりの兆しが仮想通貨市場に見えてきました。緑のローソク足が市場に溢れている一方、どの通貨が将来に向けて最適な投資先なのか見極めることは非常に重要であると同時に、難しくもあります。

さて、その問題を解決すべく注目すべき関連銘柄6つをご紹介していきます。

1.メタケード(MCADE)

メタケードは、今最も勢いのある仮想通貨と言っても過言ではありません。オンラインゲームのプラットフォームは、Wed3 で最大限遊んで利益を出す(P2E) ゲームのセレクションを誇る、ゲームアーケードです。各ゲームには、利益が得られるシステムが統合されておりプレイヤーはゲームをプレイしていく中で収入を得るチャンスがあります。

このプラットフォームは、Web3ユーザーのための大規模なハブになることを目的としており、ゲームアーケード以上のメリットを提供します。収益のメカニズムには、コミュニティーハブのコンテンツクリエイターに利益を与える Create2Earn (交流して利益を得る) や、意欲的なプレイヤーに仕事を提供する Work2Earn (働いて利益を得る) などがあります。

さらにメタケードは、メタグラント (Metagrants) プログラムを通じて、最新のゲーム開発へ直接資金を提供することで、ユーザーからの需要の高いP2Eイノベーションのみが開発されるように設計されています。ゲーム開発者は、独自のアイディアを コミュニティーに提出します。ユーザーからの投票にて上位にランクインしたプロジェクトには開発プロセスを支援するための資金が提供されます。

MCADEのおすすめポイント

MCADE が投資におすすめできるもう 1 つの理由として、新しくローンチされたことに伴う潜在的可能性の高さです。MCADE プレセールの初期段階は完売し、わずか12週間で670万ドルという巨額の資金を調達しました。これは、新しいゲームプラットフォームの今後の価格動向が強いことを示しています。

MCADE の価値は、プレセール中に $0.008から$0.02 に上昇し、イベント後には爆発的な利益が予想されます。このプロジェクトは、総合的なオンラインゲーム体験とユーザーに大きな利益をもたらすでしょう。

>>> メタケードのプレセール購入はこちらから <<<

2. イーサリアム(ETH)

Wed3の将来を大きく担うであろうイーサリアムは、時価総額でも常に上位にランクインしています。スマートコントラクト機能を備えた分散型のオープンソースブロックチェーンプラットフォームであり、ネットワーク上にさまざまな分散型アプリケーション (dApps) を構築できます。

イーサリアムは、dAppsの開発を促進し分散型オンラインサービスの作成を可能にするために設計されました。イーサリアムバーチャルマシン (EVM) を使用することで、開発者は人的介入を必要とせずにトランザクション及び契約を自動的に実行できるコードを作成できます。

開発者はさまざまなトークン標準を利用して、代替可能および非代替可能 (NFT) の両方を含むトークンを簡単に作成することができます。最も一般的なトークンの標準はERC-20です。その他のバリエーションには ERC-721とERC-1155 があります。イーサリアムのエコシステムは、アバランチ、カルダノ、ソラナなど、多くのレイヤー1ブロックチェーンに影響を与えました。

ETHのおすすめポイント

イーサリアムは Wed3 において最大のdApps エコシステムであり、最初に開発されたチューリングの完全ブロックチェーンです。独立したブロックチェーンのプロジェクトをサポートするイーサリアムの特徴は、イーサリアムが市場で2番目に価値のある通貨だという理由が挙げられます。

先日ブロックチェーンは、ネットワークをプルーフオブステークのプロトコルに移行する「The Merge」を完了させました。これにより、イーサリアムはブロックをマイニング、そしてトランザクションを安価な方法で処理できるようになり、効率の向上と出量の削減に役立ちます。

現在、ETH トークンの価格は 1500ドルで史上最高値である4879ドルからはかなり遠くの位置にいます。それでもイーサリアムの機能と将来性を考慮すると世界トップクラスの仮想通貨であることに変わりはなく、今後数年間で最高値を更新すると予想されています。

3. 柴犬コイン (SHIB)

SHIBとしても知られる柴犬コインは、2020年8月に作成されたイーサリアムベースのトークンであり、イーサリアムのフォークとして作成された別のレイヤー1ブロックチェーンです。

柴犬コインは歴史の長いミームコインであり、本質的なコミュニティ主導のジョークを元に仮想通貨として作成されました。SHIBが他のミームコインと一線を画す重要な要素は、イーサリアムと同様にチューリングが完全であることです。これにより、開発者はSHIBのブロックチェーン上にdAppsを作成することができます。DeFiサービスやオンラインゲームもこれに含まれます。

SHIBは、既存の通貨の中で最多も総トークン供給量を持っているため、流動性の高いトークンノミクスを備えています。これによりSHIBネットワークは、Web3で2 番目に価値のある通貨のフォークあるいはコピーであるものの、イーサリアムオリジナルのプルーフオブワークブロックチェーンよりもスピーディーかつ安価にトランザクションを処理できます。

SHIB のおすすめポイント

SHIBは、ミームコインとしては稀とも言えるレベルのユーティリティー機能を持っています。これはSHIBが、ユーザーをサポートするためにdAppsのエコシステム全体をサポートする力を加えることで、他のミームコイン保有者から魅力的に映るのは明白です。

このブロックチェーンはまもなく、Shibariumと呼ばれるレイヤー2がスケーリングソリューションを受け取ります。これにより、ネットワークの効率が向上が期待できます。さらに、オンラインゲームメタバースであるShibaverseや、P2Eを提供するゲームプラットフォームであるShiba Infinityなど、さまざまなdAppsの開発が予定されています。

SHIBは高いポテンシャルを秘めた通貨として期待されています。トークン価格は、最近の上昇にもかかわらず史上最高値から約85%下降した位置にいます。そのため、このまま上昇を続けると予測されるSHIBへの投資は、難しい判断ではないと言えます。

4. ポリゴン (MATIC)

4番目にご紹介するのはポリゴンです。ポリゴンは、即時のトランザクションと削減されたガス代(手数料)を可能にするイーサリアムのレイヤー 2、スケーリングソリューション、またオープンソースのプロトコルであり、開発者はネットワークのEVMとの互換性を通じて拡張性の高いdAppを簡単に構築することができます。

ポリゴンは、そのユニークな特徴によるオンラインゲームプラットフォームを展開しており多くのユーザーは好意的です。ブロックチェーンはEVMと互換性があるため、ブロックチェーンの相互運用性に適しています。また、パフォーマンスを欠くことなく、大量のトランザクションスループットを実現します。

ブロックチェーンを使用して構築されたオンラインゲームプラットフォームは、多数のトランザクションを必要とするためポリゴンは開発者にとって最高のプラットフォームと言えます。ポリゴンのエコシステムで構築されたプラットフォームの数は数百に上ります。そしてこの数は、ブロックチェーンベースのオンラインゲーム分野の拡大と共に大きくなっていくと予想されます。

MATIC のおすすめポイント

オンラインゲームは、GameFi がプレイヤーに新しいメリットを提供が可能にしたように、ブロックチェーン技術によって革命を起こしています。ポリゴンはブロックチェーンベースのオンラインゲームの普及を促進するだけでなく、さまざまなスケーラブルなdAppsのサポートをすることもできます。

ガス代(手数料)がブロックバリデーターにインセンティブを与えるために使用されるように、MATIC トークンは、ポリゴンネットワークを安全に保つために使用されます。MATIC トークンは、ステーク、ピアツーピアの取引、および利益のために長期保有することができます。

MATICは過去最高の 2.92 ドルに達した後、現在 0.94 ドルで評価されています。これからの市場の流れから以前の高値を取り戻すことが期待されています。

5. アクシー・インフィニティ (AXS)

アクシー・インフィニティもまたトップを走る仮想通貨です。イーサリアムブロックチェーンを利用した、革新的なオンラインゲームプラットフォームです。プレイヤーは、カスタマイズ可能なアイテムであるアクシー (Axies) と呼ばれるアバターを購入、育成および戦わせることができます。

プレイヤーはアイテムを使用することで、アクシーのレベルアップ、パーソナライズ、およびトレーニングができます。すべてのアクシーには、戦闘用にアップグレード、変更、最適化できる一連の統計と性格特性が付属しています。アイテムの取引、仮想世界の探索、およびゲームの進行度に対して報酬として仮想通貨が受け取れます。

アクシー・インフィニティは2018 年の発売以来、楽しいゲームとブロックチェーン技術に裏打ちされたデジタル資産エコシステムを組み合わせることで、ユーザーを魅了してきました。プラットフォームでは、季節ごとのトーナメント、コンテンツコンテスト、およびプレイヤーが利益を獲得できるイベントを開催しています。

AXS のおすすめポイント

先日の問題にもかかわらず、アクシー・インフィニティのプラットフォームは、依然としてGameFiのトップ仮想通貨の 1 つです。Ronin Bridgeは、アクシー・インフィニティに最適なユーザーエクスペリエンスをサポートするために特別に設計された高度なサイドチェーンであり、セキュリティとスケーラビリティを向上させるために大幅な変更が行われました。

AXS トークンは、デイリーアクティブユーザーが200 万人を誇っていた2021年に史上最高の166ドルに達しました。現在の価格が$8.30である AXS は、将来の収益に対する優れた投資です。

6. ソラナ (SOL)

最後に、ソラナです。イーサリアムのレイヤー1よりもエネルギー効率が高く、スケーラブルになるように特別に設計された次世代のブロックチェーンです。ブロックチェーンは、1 秒間に多数のトランザクションを処理でき、ミリ秒単位でトランザクションのファイナリティーを生成できます。

ソラナの独特アイデアは、既存のプロトコルを採用し独自の方法で適用することで、速度、信頼性、およびスケーラビリティーを向上させるものです。開発者はRustプログラミング言語を利用してソラナネットワーク上にアプリケーションを構築することができます。RustはEVMのSolidityと比較すると、Web3 エコシステム向けのより複雑なdAppの作成ができます。

ソラナは、低レイテンシ、低料金、高速性など、古いブロックチェーンエコシステムとは一線を画す幅広い機能を提供します。 非保管金融サービスを構築するための理想的なプラットフォームと見なすことができ、Web3 でトップの仮想通貨の 1 つとして成長することが期待されています。

SOL のおすすめポイント

ソラナのエコシステムは、FTX と Alameda Research によって大きく支えられていたため倒産後に SOL の価格は大幅に下落しました。ただし、SOL は別のエンティティであり、ゲームを含む便利な dApps を通じて膨大な数のユーザーをサポートできる、Web3 で最も有望なブロックチェーンネットワークの 1 つです。

急落の後。SOLは立て直し、現在 20ドルの価格水準を保っています。今後数年間でSOLは400ドルを超える可能性があり、史上最高値を更新する前後さらに勢いを増すと予想されます。

最も投資に適している暗号資産とは

この記事で紹介した暗号資産はどれも将来性のあるものばかりです。しかし、メタケードほど2023年に急上昇する可能性がある銘柄はどこを探してもないでしょう。このプロジェクトは高いポテンシャルがあり、ブロックチェーン技術のオンラインゲーム分野で100倍の利益を生み出す宝石の原石の可能性があります。

現在開催されているプレセールは、この魅力的なプロジェクトに関与することができる絶好の機会です。段階ごとにMCADE の価格が設定されており価格はどんどん上昇していきます。そして終了後、 MCADE の価格は更に上昇することが予想されます。投資を考えているのであれば、今すぐ始めてみてはいかがでしょうか。

メタケードのプレセールはこちら

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー