詳細を見る

グラフ(GRT)の価格予測:クジラが反発の鍵を握る

4 mins

ヘッドライン

  • GRT価格は、アルトコインが41%下落したにもかかわらず、0.200ドル以上を維持している。
  • 資産の採用率は28%と常に高く、需要を示している。
  • しかし、クジラが供給量の52%を占めているため、回復のきっかけを作るにはクジラが立ち上がる必要がある。
  • promo

グラフ(GRT)の6月中の値動きは、他のアルトコインが目撃したものと変わらなかった。

しかし、弱気な状況の中、人工知能(AI)トークンへの需要は減少しなかった。

グラフは投資家の関心を見る

GRTの価格は下降トレンドにあったかもしれないが、暗号資産愛好家の間でその需要はそのままであった。これは資産の採用率に表れている。採用率は、参加アドレス間の新規投資家の集中度を測定する。

アクティブなアドレスの中で新規投資家の比率が高ければ高いほど、ネットワークにとって良い兆候となる。The Graphの場合、この集中度は3ヶ月近く28%から30%の間である。

グラフの採用率。
ザ・グラフの採用率 出典IntoTheBlock

潜在的な投資家は、市場の動向に関係なく、このネットワークに参加し続けている。

この同じ熱意を、最も重要なコーホートの1つも示す必要がある。クジラはGRTの流通供給の大部分、52%強を保有している。彼らの行動は資産価格に影響を与える傾向があるため、彼らの参加不足は全体的な成長を妨げる。

GRTクジラは3月以降、かなり後退している。5月と6月の1日の取引量は平均1,000万ドルだった。先週はさらに減少し、平均700万ドルとなった。

関連記事:トークンエコノミーとは?|暗号資産(仮想通貨)との関係と活用事例

グラフのクジラ取引。
グラフクジラ取引 出典:IntoTheBlock

したがって、GRTの価格回復を支援するために、これらのクジラは参加者の面で立ち直る必要があります。

GRT価格の予測:今後の成長余地

本稿執筆時点で0.220ドルで取引されているGRT価格は、過去1週間、0.222ドルと0.201ドルの間で推移している。この間、レジスタンスを突破しようとする試みは失敗し、アルトコインはサポートをテストすることになった。

現在、オンチェーンメトリクスは回復の可能性を強調しており、グラフは0.250ドルを上回る可能性がある。0.222ドルはフィボナッチリトレースメント23.6%もマークしているため、サポートに反転することで回復を助けることができる。

GRT価格の目標は、サポートレベルとして0.266ドルを取り戻すことであり、38.2%のフィボナッチレベルと一致する。

グラフ 価格分析
ザ・グラフ価格分析 出典:トレーディングビュー

しかし、0.201ドルを下回る安値が形成された場合、アルトコインは調整の影響を受けやすい。暗号資産は0.151ドルまで下落し、強気のテーゼが無効になる可能性がある。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2t314.png
Aaryamann Shrivastava
Aaryamann ShrivastavaはBeInCryptoのテクニカルおよびオンチェーンアナリストで、Telegram Apps、リキッドステーキング、レイヤー1、ミームコイン、人工知能(AI)、メタバース、モノのインターネット(IoT)、イーサリアムエコシステム、ビットコインなど、多様な分野の暗号通貨に関するマーケットレポートを専門としている。以前、同氏はFXStreetとAMBCryptoで様々なアルトコインの市場分析とテクニカル評価を行い、分散型金融(DeFi)、非化石トークン(NFT)、GameFiなど暗号業界のあらゆる側面をカバーした。同氏はピライ芸術大学でジャーナリズムの学士号を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー