詳細を見る

国連、北朝鮮が暗号資産30億ドルを盗んだと非難

4 mins

ヘッドライン

  • 北朝鮮は、ミサイル計画の資金源とされる暗号資産30億ドルを盗むことを目的としたサイバー攻撃で国連の調査を受けている。
  • 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、2017年から2023年までに58件の暗号資産に対するサイバー攻撃を行ったと報告されている。
  • 国家に支援されたハッキング集団であるラザロ・グループは、暗号資産取引所を狙った最近の強盗事件で、こうした作戦の最前線にいる。
  • promo

国連(UN)は8日、北朝鮮が30億ドルの暗号資産を盗むことを目的とした一連のサイバー攻撃について、厳格な調査を受けていることを明らかにした。

国際的な監視団は、サイバー強盗は孤立した国家の核とミサイルプログラムを支援するための大きな計画の一部であると考えている。

北朝鮮は暗号資産企業に対して58件の攻撃を行った

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は2017年から2023年にかけて、暗号資産を標的とした58件のサイバー攻撃を行ったと報告されている。その結果、これらの不正活動は国家の大量破壊兵器開発の資金源になったと考えられている。

「委員会は、2017年から2023年にかけて、暗号関連企業に対する北朝鮮による58件のサイバー攻撃の疑いを調査しており、その金額は約30億ドルで、北朝鮮の大量破壊兵器開発の資金源になっていると報告されている」と国連は書いている。

北朝鮮は弾道ミサイル発射実験、人工衛星の打ち上げ、新型戦術核攻撃潜水艦などで国際規範を無視し続けている。最後の核実験は2017年だった。しかし、平壌は核とミサイルの能力を進歩させ続けており、そのためサイバー戦争の戦術に注目が集まっている。

関連記事:ブロックチェーンへの「51%攻撃」-その危険性とは?

Cryptos Hacked by North Korea
北朝鮮にハッキングされた暗号資産|出典:チェーン分析

北朝鮮の偵察総局傘下の悪名高い国家支援ハッキング集団であるラザロ・グループは、こうしたサイバー作戦の最前線にいる。このグループの活動は、防衛関連企業やサプライチェーンを標的としている。また、サイバー犯罪のエコシステム内でインフラやツールを交換しているという疑惑にも直面している。

ラザロ・グループに起因する最近の攻撃には、CoinEx取引所からの5,500万ドルの強奪や Poloniexからの1億1,700万ドルという驚異的な窃盗が含まれ、このグループの洗練された執拗な攻撃戦略を浮き彫りにしている。

続きを読む暗号資産セキュリティの欠陥トップ5とその回避方法

これらのサイバー攻撃の影響は、直接的な金銭的損失だけにとどまらない。盗まれた暗号通貨は北朝鮮の海外収入の30%に相当し、政権の軍事力を大幅に強化する可能性を秘めている。

韓国の国家情報院(NIS)職員は、事態の深刻さを強調した。同氏は、2022年に盗まれた暗号資産7億ドルは、国家の大陸間弾道ミサイル発射の資金になり得ると述べた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー