TOEIC Program公開テストがブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表

2 mins
記事 Shota Oba
31 1月 2023, 21:04 GMT+0900
更新 T
22 2月 2023, 17:17 GMT+0900
ヘッドライン
  • 2023年4月の公開テストのテスト結果よりブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表
  • デジタル公式認定証にはCloudCerts®を使用
  • promo

2023年4月の公開テストのテスト結果よりブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表

日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が2023年4月の公開テストのテスト結果よりブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。大規模な検定試験におけるデジタル公式認定証の発行は日本初の例となるという。

入試や就職などのシーンにおいてもWEBでの出願やエントリーが主流となり、DX化に対応してゆく中で、改ざんが不可能であるブロックチェーン技術を活用することで、TOEIC Programのテスト結果を改ざんされることなくデジタル化することが可能となる。よって、デジタル公式認定証の導入によりスコア提出がオンラインで完結でき、TOEIC Programの利便性向上につながるという。

デジタル公式認定証にはCloudCerts®を使用

デジタル証明書発行サービスにはCloudCerts®を採用しており、ブロックチェーン証明書の世界標準規格Blockcertsに準拠している。CloudCerts®の採用により、暗号化された公式認定証がブロックチェーン上に記録されることにより、改ざんできないデジタル公式認定証の付与が可能となるという。受験者、およびデジタル公式認定証を受領する第三者の双方で、互いにその証明書の信憑性が証明できることとなる。

免責事項

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー