詳細を見る

DeFiプロトコルSushiSwap、SEC訴訟で20%近く下落

4 mins

ヘッドライン

  • SECによるユニスワップへのウェルズ通知後、SushiSwapトークンSUSHIは18%下落。
  • 米証券取引委員会(SEC)の監視は、米国におけるDeFiプラットフォームの規制を再定義する可能性がある。
  • FTXとアラメダ、規制当局の懸念の中、SUSHIの数百万ドルを譲渡。
  • promo

分散型金融(DeFi)セクターは今週大きな混乱に直面し、特に注目すべきDeFiプロトコルであるSushiSwapはそのトークンSUSHIが18%以上急落した。

この下落は、証券取引委員会(SEC)がユニスワップに対してウェルズ通知を発行し、同様のプラットフォームに対する規制変更の可能性を示唆した後に発生した。

FTXとAlameda ResearchがSushiSwapのネイティブ・トークンSUSHIを譲渡

SECの精査の中心は、DeFiプラットフォームが証券ブローカーとして規制されるべきかどうかの議論である。その結果、このセクターの他のトークンにも影響を与え、SUSHIは急激な下落を経験した。

DeFiプラットフォームの運営者は、直接の監督なしに暗号資産取引を促進する技術を提供しているに過ぎないと主張している。しかし、SECは従来の金融規制をこれらのプラットフォームに適用する傾向にあるようだ。

この規制の衝突は、米国におけるDeFiの将来にとって極めて重要である。D.Jur.STORM Partnersの法律専門家、ニコラ・マッセラ氏はBeInCryptoに対し、SEC対Uniswapの決着は分水嶺になるだろうと語った。

「それは、DeFiプラットフォームの法的性質を明確にするだけでなく、この分野でのイノベーションと成長を促進するか、消費者保護と市場の整合性を装って重大な制約を課すか、どちらかになり得る先例を設定することになる」とマッセラ氏は述べた。

さらに、FTXとAlameda Researchが270万SUSHIトークン(約390万ドル相当)をBinanceに移した最近の取引も市場力学に影響を与えたに違いない。2023年10月下旬以降、これらの事業体はかなりの量のSUSHIを様々な中央集権型取引所(CEX)に移しており、140万SUSHIトークンはまだ分散型ウォレットに保有されている。

寿司の価格パフォーマンス
Sushiの価格パフォーマンス | トレーディングビュー

さらに、暗号資産コミュニティは、規制が不透明なこの時期に、UniswapとDeFiエコシステム全般を支持するために結集した。コインベースのブライアン・アームストロング氏やハウン・ベンチャーズのキャサリン・ハウン氏を含む業界のリーダーたちは、SECのアプローチを “強制による規制 “と呼んで批判している。

アームストロング氏は、特に11月の選挙を前に、このセクターの団結の必要性を強調した。同氏は、より明確な暗号通貨規制を求める組織を積極的に推進している。

続きを読む暗号資産規制:メリットとデメリットは?

同様に、KrakenのCEOであるDave Ripley氏とCinneamhain VenturesのAdam Cochran氏も懸念を表明している。彼らは、SECがUniswapをターゲットにしたことを、暗号通貨セクターのイノベーションに悪影響を与えかねない行き過ぎた行為だと述べている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー