詳細を見る

GPUゴールドラッシュ:AIインフラ変革、DePinのトッププロジェクト

5 mins

ヘッドライン

  • AI分野のGPU需要は、コスト効率の高い分散型インフラを提供するDePinプロジェクトを後押しする。
  • Render、Nosana、Akash、Netmind、Aethir、Io.netは、手頃なGPUリソースの提供でリードしている。
  • 透明性と拡大における課題は、分散型コンピューティングの信頼性と成長に影響を与える。
  • promo

人工知能(AI)分野では、高性能コンピューティング・リソース、特にグラフィック・プロセッシング・ユニット(GPU)の需要が急増している。この需要は、GPUへのアクセスを分散化することに重点を置くDecentralized Physical Infrastructure(DePin)プロジェクトの新たなフロンティアを形成している。

これらのプラットフォームは、より広範なWeb 3の採用を促進し、従来のクラウド・サービスに代わるコスト効率の高い選択肢を提供します。

GPUパワーハウスのトップDePinプロジェクトとは?

これらのプラットフォームは、データの収集と処理、モデルのトレーニング、微調整、モデルの推論といった重要な段階を経て、幅広いAIアプリケーションをサポートしています。これらのアプリケーションには、ディープラーニング、自律走行、ロボット工学、その他のユースケースが含まれる。

暗号資産研究者のLayerggは、DePinプロジェクトはGoogle Cloudや Amazon Web Services(AWS)のような大手よりも「4倍以上安く」GPUリソースを提供できると指摘している。

Layerggは、この分野における6つの主要プロジェクトを紹介している。

続きを読むRender Token (RNDR):その正体と仕組みのガイド

デピンGPUプロジェクトの比較
DePin GPUプロジェクトの比較。ソースLayergg

分散型コンピューティング・モデルはコスト面で大きな優位性があるため、GPUリソースの高コストに悩むAI/機械学習企業にとって魅力的な選択肢となる。その結果、AI進歩の主なボトルネックとして、計算能力が重視されるようになっている。

しかし、GPUパワーの主張における透明性などの課題が懸念を呼んでいる。これは、分散型コンピューティング領域における信頼性と説明責任という、より広範な問題を指し示している。

オンチェーンアナリストのHitesh Malviya氏は、「GPU数をオンチェーンで本当に証明できないのであれば、それはDePinではなくCePinだ」と批評している。

こうした課題はあるものの、分散型プラットフォームが市場を席巻する可能性は依然として高い。さらに、別のアナリストであるPrithvir氏は、プロジェクトの中ではAethir、Akash、io.netが最も良いポジションにあると考えている。しかし同氏によれば、Akashはこの分野の雄であるにもかかわらず、GPU容量の拡大という課題に直面している。

続きを読む2024年6月に投資すべき最高のアルトコインは?

市場力学の観点から、IOとATHは潜在的なハイパフォーマーと見られている。

「IOとATHはどちらも大暴騰する可能性があると思います。これらはCelestia (TIA)と同じような取引になると思います。IOとATHについては、100億ドルのFDVが妥当な上限となるだろう。上限は200億ドルだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー