詳細を見る

バイナンス、2024年に暗号資産市場を左右する8つのトレンドを発表

10 mins

ヘッドライン

  • バイナンスは、技術革新とSECの裁定に後押しされ、2024年にはビットコイン、デピン、デソックが暗号市場を支配すると予測している。
  • 暗号通貨とAIの統合、そして実世界資産(RWA)のトークン化は、暗号市場における新たなトレンドである。
  • オンチェーンでの流動性、機関投資家による暗号の採用、口座の抽象化の進展は、DeFi取引の形を変えようとしている。
  • promo

Binanceは、2024年の暗号資産市場の未来を左右する8つの重要なシナリオを発表した。

昨年の活気ある成長とイノベーションに根ざしたこの予測は、その先にあるものを垣間見せてくれる。

2024年を支配する暗号資産市場のトレンド

最前線ではビットコインがその優位性を主張し続けている。2023年は、OrdinalsやBRC-20トークンなどのイノベーションの導入やビットコインETFのスポットの設立など、ビットコインの旅路において大きな前進が見られ、待望の2024年の半減イベントで最高潮に達しました。

続きを読むビットコインの半減サイクルと投資戦略:知っておくべきこと

バイナンスによると、これらの進展とSECの有利な裁定は、ビットコインの軌道に高まった活動とボラティリティを注入する可能性があるという。OrdinalsやBRC-20トークンのようなデジタル資産は、そのmemecoinのような性質と小さな時価総額により、劇的な変化を経験する可能性があります。

Bitcoin Monthly Inscriptions.
ビットコイン月次記録。ソースバイナンス

ビットコインの上昇と並行して、ブロックチェーン技術によって可能になった所有権経済の台頭は、データやクリエイティブなコンテンツに対するユーザーのコントロールを再構築している。昨年は、分散型物理ネットワークインフラ(DePin)や分散型ソーシャルメディア(DeSoc)が急増した。特に、Friend.techのようなプラットフォームは、DeSocの大幅な成長を牽引した。

「これらのプロトコルは、その広範な総アドレス可能市場と、ボトムアップの成長戦略によって急速に拡大する能力から、高い成長の可能性があると見られている」とBinanceは発している

これらのDePinとDeSocプロジェクトが2024年に拡大し続けるにつれて、ユーザーのデジタル資産に対するコントロールと収益化の機会が強化されることが約束される。

AIと暗号通貨の統合

暗号通貨のもう1つの成長 物語は、人工知能(AI)と暗号通貨の統合である。2023年のOpenAIのChatGPTの世界的な牽引に端を発したこの相乗効果は、取引の自動化、予測分析、データ管理において新たな道を開きつつある。

AIが暗号エコシステムと絡み合うことで、AIモデルのトレーニングを民主化する可能性があります。また、分散型ストレージを通じて透明性と安全性を高める可能性もあり、これはますます顕著になっている。

同時に、実世界資産(RWA)のトークン化はブロックチェーンのユーティリティに革命をもたらしている。このプロセスは、オフチェーン資産をブロックチェーン上にもたらし、プロセスの透明性と効率性を高めている。

続きを読むリアル・ワールド・アセット(RWA)トークン化のインパクトとは?

2024年に向けて、トークン化された国債は金利上昇に後押しされ、暗号投資家にとって魅力的な利回り源として浮上している。さらに、機関投資家によるRWAの採用が加速し、分散型IDやオラクルなどの関連インフラが進歩することで、この傾向はさらに強まるだろう。

DeFi Sectors Total Value Locked
さまざまなDeFiセクターのロックされた価値総額|出典:バイナンス

ブラックロックのラリー・フィンクCEOもトークン化は資産運用に革命をもたらす画期的な技術的進歩であると強調している。

「私たちは今日、トークン化する技術を持っています。トークン化された証券とIDがあれば、総勘定元帳で商品を売買した瞬間に、それがすべて一緒に作成されます。マネーロンダリング(資金洗浄)の問題について話したいのでしょう。トークン化されたシステムを持つことで、あらゆる腐敗を排除することができます」とフィンク氏は説明する。

注目すべき他の暗号通貨の物語

DeFiエコシステムの基本要素であるオンチェーン流動性について、バイナンスは大きな進化が進行中だと考えている。Uniswap V3のConcentrated Liquidity Market Maker(CLMM)やRequest for Quote(RFQ)システムのような洗練された流動性モデルが、この市場分野を再構築しつつある。

永久損失やジャスト・イン・タイム流動性のような課題に対処するために設計されたこれらのモデルは、オンチェーン取引における高度化と可能性の拡大を示している。さらに、これらのモデルは、オンチェーン金融活動の規模とアクセシビリティを高めると期待されている。

オンチェーン流動性の進化と相まって、暗号通貨の機関投資家による導入が加速している。さらに、ブラックロックやフィデリティのような大手資産運用会社が暗号市場に参入したことは、この業界の長期的な可能性に対する強固な信念を示している。

ビットコインの半減が間近に迫っており、暗号業界に参入する機関投資家はさらに増えるだろう。CoinShareの調査によると、半減後の1ビットコインあたりの平均生産コストは27,900ドルから37,800ドルに上昇する可能性が高い。これにより、採算を維持できるマイナーは少数となり、暗号通貨市場にさらなる影響を与えることになる。

「採掘者の生産コストと収益構造は、2024年の半減後に変化する……ほとんどの採掘者は、収益性を維持するためにコスト削減を必要とする課題に直面するだろう。ビットコイン価格が4万ドル以上で推移した場合、採算が取れるマイナーはほんの一握りしかないと予想される」とCoinSharesのアナリストは指摘している。

このようなエキサイティングな展開を背景に、セキュリティは依然として最重要課題である。DeFiエクスプロイトの減少が証明するように、業界はセキュリティ対策の強化において称賛に値する進歩を遂げている。しかし、防御を強化することへの焦点は依然として揺るがない。

Over $1.8 Billion Lost to Crypto Exploits in 2023.
2023年におけるCrypto Lost Exploits|出典:DefiLlama

最後に、アカウントの抽象化の重要性が前面に出てきている。これはブロックチェーン技術をより身近で包括的なものにするための重要なステップである。この分野での革新、特にユーザーフレンドリーなスマートコントラクトウォレットの作成は、ユーザーがオンチェーン活動を行う方法に革命をもたらすことになるだろう。

続きを読むアカウントの抽象化とは?

ウォレットプロバイダー間の激しい競争により、この分野での急速な進歩が期待されている。最後に、暗号コミュニティと開発者は、アカウント抽象化が次の10億人のユーザーをWeb3分野に参加させる道を開くことができると信じている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー