詳細を見る

トルコ、暗号通貨を規制する法律案を発表

5 mins

ヘッドライン

  • トルコ、暗号資産プロバイダーを規制する新法を提案 監督とライセンス要件を強化
  • FATFへの準拠を強化するため、トルコの資本市場委員会から暗号資産へのライセンスを義務付ける法律案が提出された。
  • 提案では海外の暗号資産取引所を対象とし、無認可の運営に罰則を課すが、税制規定は除外する。
  • promo

トルコは暗号資産サービス・プロバイダーとその活動を監督するための新たな立法案を提出した。タイイップ・エルドアン大統領の政党が議会に提出したこの法案は、暗号資産サービス・プロバイダーのライセンス取得と登録義務に焦点を当てている。

提案されている法律は、暗号通貨取引プラットフォームと関連企業がトルコの資本市場委員会(CMB)からライセンスを取得することを義務付けている。この措置は、国際基準に合わせ、金融活動作業部会(FATF)での地位を向上させるためのアンカラの努力の一環である。

トルコは暗号通貨と取引所を規制しようとしている

法律草案によると、規制は暗号資産サービス・プロバイダーの監督をカバーしている。また、暗号プラットフォームの活動や、暗号資産の保管、購入、売却を含む取引にも対応している。金融活動作業部会は2021年10月、マネーロンダリングやテロ資金供与に脆弱な分野の監視が不十分であるとして、トルコをグレーリストに格下げした。

「同法は、暗号資産サービス・プロバイダー、暗号資産プラットフォームの活動、暗号資産の保管、トルコに居住する者が実行できる暗号資産の購入、売却、移転取引を規制する」と提案書は述べている。

続きを読む暗号資産規制:利点と欠点は?

新しい規制は、プラットフォーム管理、提供されるサービスの範囲、財務および運用基準に関する要件を概説している。この法制化の推進は、トルコの小規模な暗号資産取引プラットフォームがいくつか倒産し、数千人が資金を利用できなくなったことを受けたものだ。

法案には課税に関する規定は含まれていない。しかし、暗号資産サービス・プロバイダーは、その収益の1%をCMBとトルコ科学技術研究機関(TÜBİTAK)の両方に拠出しなければならない。この合計2%は、規制と技術の進歩を支援することを目的としている。

アンカラは2年以上にわたってこの法律に取り組んでおり、暗号資産セクターのリスクを軽減しようとしている。この法律案は、資本市場委員会が二次規制を制定することを可能にし、暗号資産サービスプロバイダーに対する規制手続きの確立を目指している。

トルコ暗号資産イニシアティブ.
トルコ暗号資産イニシアティブ。出典:uzmancoin.com

今月初め、FATFのチームはトルコ当局と会談し、トルコに関する今後の報告書について協議した。これらの規制強化を受けて、政府はFATFステータスのアップグレードを見込んでいる。

続きを読む暗号資産の納税義務を軽減する方法:包括的ガイド

提案された法律により、トルコはより安全で規制された暗号資産環境を構築し、基準へのコンプライアンスを確保することを目指している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

スポンサー
スポンサー