詳細を見る

2024年おすすめ暗号資産(仮想通貨)| 早く買わないと後悔する2大トークン

12 mins

2024年は暗号資産(仮想通貨)業界にとって飛躍の年となりそうだ。夢のようなリターンをもたらすトークンの登場に期待ができる。複数の専門家は、2024年に先駆けて特に有望視されている2つの新星にスポットライトを当てている。

ミームネーター (Memeinator) とドードー (DODO) はゲームチェンジャーとして業界を沸かせている。市場の常識を覆し、投資家の財布を肥やすことになるだろう。この2つのトークンについて調べると、見逃したくないプロジェクトと呼ばれている理由が浮かび上がる。投資家は新年に向けた有力候補を模索している。今回の記事を参考にして、2024年を記憶に残る1年とするための準備をしよう。

ミームネーターとは? 

ミームネーターは仮想通貨市場で稀有なチャンスを提供する。ターミネーターにインスパイアされたこのプロジェクトは、劣悪ミームコインを市場から抹消するというシンプルかつ強烈なコンセプトを掲げている。2077年から送り込まれたミームネーターは業界から弱小通貨を一掃し、ミームコインエコシステムに革命を起こそうとしている。このプロジェクトは単に有名映画をなぞらえただけでない。明確な使命を持った真の破壊者なのだ。

MMTR のプレセールが終了に向けて勢いを増す中、突出したプロジェクト参加へのチャンスは急速に狭まっている。イベント最終価格は0.0292ドルまで上昇するように設定されている。プレセールステージ数は元々予定されていた29ステージから20ステージへ変更された。つまり、この競争の激しい仮想通貨レースでは一瞬が命取りになる。時計の針は刻々と進んでいる。2024年に脚光を浴びる可能性の高い通貨への投資の窓は間もなく閉ざされる。

ミームネーターのカラクリ

ミームネーターの戦略は、エンターテイメントとテクノロジーの融合だ。大規模なロードマップの中で注目すべき特徴の1つは、プレーヤーがミームネーターを操り、劣悪コインたちと戦いを繰り広げる「ミーム戦争 (Meme Warfare)」だ。このシューティングゲームをよりダイナミックで刺激的なものにするのは AI 搭載の新機能、ミームスキャナー (Memescanner) だ。この最先端ツールは人工知能を活用し、インターネットを継続的にスキャンすることで弱小コインを探しだす。これらのミームコインをゲームに投入することで、オリジナリティ溢れる世界を作り上げる。

しかし、プロジェクトの活動範囲はゲームだけにとどまらない。多くの人が2024年の最有力候補としてその名を上げる大きな理由が存在する。ミームネーターは、トークン供給の大部分をコミュニティ構築とマーケティングのために確保している。15% はマーケティング活動に、そして7.5% はヴァージン・ギャラクティック社 (Virgin Galactic) による宇宙旅行 (通常のチケット価格は25万ドル) などの豪華特典を盛り込んだコンペティション・プールに割り当てられる。

MMTR トークノミクスにおける最近の戦略的シフトは、ステージ数が29から20に縮小されたことだ。6ステージ分である129,310,345 MMTRの焼却は、通貨の希少性を著しく高め、残りのトークンの価値を増幅させた。他3ステージ分のトークンもプロジェクト内の別エリアに移転された。この取り組みは、ミームネーターの投資家に対するコミットメントの現れであり、コミュニティに大きな興奮をもたらした。

また、プロジェクトはステーキングプールを通じて受動的収入を獲得する機会も提供している。ミームネーターのステーキング報酬は最大45% だ。この数字は投資に楽しさをプラスし、ミームネーターの熱く燃え上がる炎に油を注ぐこととなるだろう。

MMTR 価格予測 : この通貨は1ドルの壁を突破できるのか? 

MMTR の価格予測は専門家の間で盛り上がりを見せている。ユニークなプロジェクト設計と魅力的なロードマップのおかげで、2024年末までに1ドルの大台を突破する可能性が高いだろう。この強気な見通しは、仮想通貨市場を大幅上昇させると予想されるビットコイン半減イベントに後押しされている。

MMTR のトークン焼却などの戦略的な動きは、通貨の価値を大きく高めることになりそうだ。コミュニティの支持と市場の関心は MMTR に向けられている。2024年が近づくにつれ、MMTR は注目すべき存在となるだろう。投資家に高いリターンを約束するこの銘柄。新年に向けてポートフォリオに加えるにはピッタリの銘柄だ。

これまでのところ、ミームネーターは240万ドル以上の資金を調達しており、現在はプレセールステージ10にある。今日通貨を購入した場合、プレセールが終了する前に投資額が76%上昇する可能性がある。

ドードーとは? 

ドードーは DeFi シーンにおける流動性の管理方法とアクセス方法を根本的に変える分散型仮想通貨取引所のプレーヤーだ。流動性管理の複雑さを簡素化し、単なるプラットフォームとしてではなくユーザーにとって不可欠なパートナーとなっている。

ドードーのアプローチの中心にあるのは、金融の自律性と透明性へのコミットメントにある。ドードーは分散化の原則に基づいて構築されており、ユーザーはピアツーピアシステム内で資産を安全に管理することができる。このアプローチは、自律性が単なる機能ではなく、基本的な権利である信頼ベースの環境であることを強調している。

ドードーの提供するサービスの中心は、プロアクティブマーケットメーカー (PMM) アルゴリズムだ。安定したコイン、メジャーな仮想通貨、新トークンの導入など、様々な流動性ニーズを満たすように調整されている。ユーザーを中心に考えた設計により、トークン生成やマイニングのような複雑なタスクを、技術的なノウハウに関係なく全てのユーザーがアクセスし管理できるよう配慮している。

ドードー価格予測 : 再び上昇することは可能なのか? 

ドードーの現在価格は0.14ドルで、多くの専門家がカムバックの可能性を懸念している。急速な上昇は保証されていないが、DeFi スペースにおけるドードーの特色は、時間の経過と共に成長する可能性を示唆している。

ユーザーフレンドリーなプラットフォームと革新的な技術は際立っており、徐々に価格を押し上げることになりそうだ。ただし、市場が適応しドードーの価値が認められるまで、投資家は辛抱強く待つ必要があるだろう。様々な要因が有利に働けば、2024年末までに0.50ドルという価格も不可能ではない。

ミームネーター VS ドードー : どちらに投資すべきか? 

ミームネーターとドードーは、2024年に投資をするにはどちらも魅力的だ。ドードーは分散型取引所への革新的なアプローチで強力な候補として際立っている。一方ミームネーターはプレセール終了を目前に控え、大きな注目を集めている。大幅なトークン焼却という戦略的な動きがその魅力を高めているため、MMTR は初期投資家にとって有利な機会となるだろう。

ドードーは依然として堅実な選択肢だ。しかし、MMTR のプレセールの話題性、特に0.0292ドルという魅力的な終了価格を考えると、ひときわ魅力的な選択肢に見える。灼熱の ICO に残された時間は限られている。賢明な投資家が0.0166ドルという割引価格でトークンを確保するために列をなしているのは当然のことと言える。

MMTR の購入は、ミームネーター公式ウェブサイトをチェック。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー