詳細を見る

英財務長官、ステーブルコインとステーキング規制の迅速な推進を検討

6 mins

ヘッドライン

  • 英国政府、選挙前の6ヶ月以内にステーブルコインとステーキングのための新しい暗号資産規則を計画、アフォラミ英国大臣が語る。
  • FCAは暗号資産企業を取り締まり、2023年第4四半期には広告違反で450件の警告を出した。
  • アフォラミ氏は、暗号資産規制が厳しい中、若者にナットウエストのような銘柄への投資を促している。
  • promo

英国政府は、ステーブルコインとクリプトアセットのステーキング・サービスに関する新たな規制を導入するため、6ヶ月という野心的なスケジュールを検討しているようだ。

この構想は、国民が間近に迫った総選挙に備え、議員たちが具体的な提案を提供することに熱を感じている中で生まれた。

英国、ステーブルコインと暗号資産のステーキングに熱を上げる

ビム・アフォラミ財務長官は、ロンドンで開催された業界のイベントで、この大義に対する政府の献身を強調した。

「私たちは、これらのことをできるだけ早く終わらせたいと明確に考えています。そして、今後6ヶ月の間に、これらのことは実行可能だと思います」。

この動きは、昨年10月に財務省が発表した、2024年までに特定の暗号資産分野をより明確にするという公約に続くものだ。この動きは、法定通貨に裏打ちされたステーブルコインに関する以前の協議と、より広範な金融サービス・市場法の制定に対応するものと見られている。

続きを読む暗号資産税2024年:英国完全ガイド

Elliptic社は、これらの新規則により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインとその発行者が既存の決済法の下に置かれることになると予想している。これにより、英国の金融規制当局はステーブルコインの裏付けとなる資産の種類を決定する権限を付与されることになる。

2024年1月のレポートで、Elliptic社は次のように述べている:

“英国では、イングランド銀行は、その規模と規模から、金融市場に対してより広範な影響を及ぼす可能性のあるシステミックな決済ステーブルコインのリスクへの対処に関する作業を引き続き進める”

一方、英国の金融行動監視機構(FCA)は暗号通貨企業への監視を強化している。2023年の最終四半期だけで、FCAは暗号資産会社に対し、広告違反で450件の消費者警告を発した。

Number of alerts issued in 2021 to 2023. Source: Financial Conduct Authority
2021年から2023年に出された警告の数。出典金融行動監視機構

この厳格なアプローチには、s21ライセンスの導入も含まれる。この特別なライセンスは、厳しい規制のもとではあるが、認可された企業が暗号資産の広告を承認することを認めている。FCAの姿勢は、投資家が暗号資産広告に惑わされたり騙されたりしないようにするというコミットメントを強調している。

英国への投資

こうした規制の進展と並行して、アフォラミは特に若者の投資習慣の大幅な転換を提唱している。同氏は若い投資家に対し、暗号資産の不安定な魅力から離れ、ナットウエストのような国内大手の株式のような、より安定した資産に投資するよう促した

「暗号資産を所有するだけでなく、ナットウエストの株を所有し、暗号資産を所有するだけでなく、自動登録を通じて貯蓄で投資し、英国に投資するのだ。

続きを読む暗号資産と株式:どこに投資すべきか

投資へのバランスの取れたアプローチを求めるこの声は、重要な時期に届いた。英国の株式市場は、流動性のある銘柄数の著しい減少という課題に直面しており、この傾向は世界市場でも同様だ。アフォラミの戦略は、投資家のリスクを軽減し、英国の金融市場を若返らせることを目的としている。

英国がこのような規制と市場のダイナミクスを乗り越えていく中で、この移行期は投資家に十分な情報に基づいた意思決定が求められる。暗号資産に対する政府の迅速な規制措置は、分散投資の推進と相まって、英国の将来を形作る極めて重要な局面を示している。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

fe15b72da07ec62f99f310830f75499d?s=120&d=wp_user_avatar&r=g
Kyle Baird
カイルは2010年にペンシルベニア州のイースト・ストラウドバーグ大学を理学士号で卒業後、アメリカ東海岸から東南アジアに移住した。祖父の跡を継いだカイルは、10代で株と貴金属の購入を始めた。これが暗号通貨について学び、執筆することに興味を持つきっかけとなった。同氏は2016年にBitcoinistのコピーライターとしてスタートし、2018年の初めにBeInCryptoの編集者の役割を担うようになった。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー