詳細を見る

UniswapとAcross Protocol、クロスチェーンでのやり取りを簡素化する新しいトークン規格を発表

4 mins

ヘッドライン

  • Uniswap LabsとAcross ProtocolがERC-7683を導入し、クロスチェーンの相互運用性を強化。
  • ERC-7683はユニバーサルなフィラーネットワークを構築し、リレーヤーの断片化に対処し、取引コストを削減する。
  • UniswapはUniswapXにERC-7683を採用し、AMMや流動性ソースとのクロスチェーンスワップを容易にします。
  • promo

Uniswap LabsとAcross Protocolは、クロスチェーン取引と相互運用性の簡素化を約束する新しいイーサリアムトークン標準であるERC-7683を発表した。

この新しい標準は、異なるブロックチェーン間のトランザクションを処理する新しい方法を導入している。ERC-7683はこれらのブロックチェーンをつなぐ共通のネットワークを構築し、異なるシステムが互いにうまく機能しないという問題を解決する。また、ERC-7683はコストを下げ、関係者全員にとってプロセスをよりシンプルにする。

クロスチェーン相互運用性の強化

Uniswap LabsはUniswapXのクロスチェーンスワップにERC-7683を採用し、自動マーケットメイカー(AMM)やその他の流動性ソース間の取引を強化しています。

「ERC-7683は、すべてのクロスチェーンインテントが同じ注文構造に従うことを提案し、普遍的な共有フィラーネットワークが取引を履行できるようにします」とアクロスプロトコルは指摘する。

異なるブロックチェーンは異なるトランザクションを管理するため、それらをまたいで資産を移転するのは複雑でコストがかかる。ERC-7683はこのプロセスを標準化し、各ブロックチェーンが独自のシステムを持つ必要性を減らすことを目指している。この標準化により、チェーンをまたいだやり取りがより効率的かつ費用対効果の高いものになり、手数料の引き下げや取引の迅速化によってユーザーに利益をもたらす。

続きを読むUniswapの使い方-完全ステップバイステップガイド

UniswapLabsとAcross Protocolは、Ethereum Magiciansフォーラムで彼らの提案を共有し、フィードバックとさらなる議論を求めています。発表後、UniswapのネイティブトークンであるUNIの価値は2.43%上昇し、7.79ドルで取引されました。

ERC-7683とその技術仕様

ERC-7683は、CrossChainOrder構造とISettlementContractインターフェイスという2つの重要な機能を導入しています。これらの機能により、異なるブロックチェーン間の取引を処理するための柔軟で統一されたシステムが構築されます。この新しい規格により、開発者は一貫したフレームワークを維持しながら、取引の処理方法をカスタマイズすることができます。

ERC-7683の概要
ERC-7683の概要。出典ユニスワップ・ラボ

ERC-7683を立ち上げることで、Uniswap LabsとAcross Protocolは、十分な流動性の確保やユーザーフレンドリーなプロセスの実現など、クロスチェーン取引における大きな課題に対処する。トランザクションの処理方法を標準化することで、ERC-7683はトランザクション処理者(フィラー)間の公正な競争を促進します。これにより、ユーザーの要求がより良く満たされ、取引がより成功するようになります。全体として、ERC-7683はブロックチェーン技術をより効率的で利用しやすくするための大きな前進を意味します。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー