詳細を見る

Uniswapの新しい暗号資産はMetaMaskを追い越せるか?

5 mins

ヘッドライン

  • ユニスワップは、ブラウザのサイドバーに表示され、より洗練された取引フローを提供する新しいウォレットの展開を発表した
  • このウォレットは、ユーザーが事前に設定した価格を満たす取引があった場合に、自動的にスワップを執行する指値注文機能を提供する
  • イーサリアムETFと再投資の熱狂が、2023年9月以来111%の価格上昇をもたらした後の発売となる
  • promo

Uniswapはこのほど、ユーザー体験を向上させるためにブラウザのサイドバー暗号ウォレットを開始した。この開発は、再取引とイーサリアム上場投資信託(ETF)の可能性への関心が高まる中で浮上したもので、Uniswapを定評あるMetaMaskの潜在的なライバルとして位置づけている。

Uniswap V4の発表後、プラットフォームはこの新しい非保管ウォレットを導入した。この動きは、暗号通貨ウォレット分野でイノベーションを起こすというユニスワップの広範な戦略の一環である。

Uniswap 対 MetaMaskは新たなチャプターへ

ガバナンス側の提案を受けて、ユニスワップは新しいブラウザベースの自己保管型暗号ウォレットのキャンセル待ちを開始した。このウォレットは、取引プロセスとユーザー・インターフェースの近代化を目指しており、任意のトークンに対して最大1年間の指値注文を設定する機能などを提供する。この機能は、継続的な市場監視を必要とせず、ユーザーが指定した価格での自動売買を促進することを目的としている。

現在、ウェイティングリストへの登録が開始されており、uni.ethのユーザー名保持者には早期アクセスが認められている。ユニスワップ・ラボは、今回のサービス開始についてコメントを求めているが、本校執筆時点では回答が得られていない。

同発表は、ユニスワップ財団が分散型取引所のガバナンス構造の変更を提案した直後に行われた。この提案には、プロトコルの方向性について発言権を持つ委任された当事者とトークンをステークすることが含まれている。

uniswap wallet
Uniswapの流動性提供|出典:ユニスワップ

このガバナンスの提案を受けて、時価総額上位の暗号通貨であるUniswapトークン(UNI)は、24時間以内に価値が50%上昇した。最終更新時点で、トークンの価格は過去1日で2.3%上昇し、現在は11.14ドルで取引されている。

競争の激しい暗号資産ウォレットセクター

Uniswapのウォレットの導入は、MetaMaskが2023年9月から2024年1月までに新規ユーザーが55%増加し、ユーザーベースの大幅な増加を報告した時期に行われた。暗号通貨市場はまた、ビットコインとイーサリアムのスポットETFの承認をめぐる興奮の影響を受けており、これらの資産の顕著な値動きにつながっている。

2024年1月11日に米国証券取引委員会が11のビットコインETFを承認して以来、ビットコインの価格は60,000ドルを超えた。一方、イーサリアムの価格は2023年9月1日から2倍以上に上昇し、現在は3,477.60ドルで取引されている。この上昇は、9月の価格から111.3%の上昇に相当する。

楽観的な市場の動きにもかかわらず、ブルームバーグのアナリスト、ジェームズ・セイファート氏は、2024年のイーサリアムETFの承認に関して慎重な見通しを維持している。

「今年のETH ETF承認については慎重に楽観視しているが、5月に却下されても少しも驚かない。信頼度はビットコインETFの時とは比べものにならない。

関連記事:イーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

暗号通貨市場の進化に伴い、イーサリアムのネットワークは100万人のバリデータという重要なマイルストーンに近づいている。この成長の一因は、EigenLayerのような「再ステーキング」サービスの人気にある。このサービスでは、Lido Financeのような暗号資産ステーキングサービスから ETH派生トークンを再投資し、追加報酬を得ることができる。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

david-thomas.jpg
David Thomas
南アフリカのダーバンにあるクワズールー・ナタール大学で電子工学の優等学位を取得。同氏はエンジニアとして8年間勤務し、南アフリカのオートメーション専門会社Autotronix (Pty) Ltd.で工業プロセス用ソフトウェア、AngloGold Ashantiで鉱業制御システム、スウェーデンのコングロマリットAssa Abloyが全額出資する国内セキュリティ会社Inhep Digital Securityで消費者向け製品を開発した。同氏は、商用アプリケーション向けにC、C++、C#でソフトウェアを書いた経験がある。 技術的なテーマへの情熱と、複雑なトピックをシンプルに説明する能力を組み合わせるため、2021年に執筆業に転身。 量子コンピューティングに関する記事など、暗号資産とその他の技術的進歩が交差する記事は人気を博している。 現在、同氏は視野を広げ、金融市場をより広く理解しようとしている。ステーブルコインが伝統的な金融をどのように変えるのか、金融システムの技術的基盤はどうなっているのか、などが彼の関心事である。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー