詳細を見る

米国政府、議論を呼ぶ暗号資産税務報告規則を撤回

4 mins

ヘッドライン

  • 米国財務省と内国歳入庁は最近、暗号税務報告規則を改定した。
  • 最近、米国政府の暗号に対する取り組みが物議を醸している。
  • 規制当局は、デジタル資産の受け取りを報告するための詳細な手順を発表する準備を進めており、暗号規制の転換を示唆している。
  • promo

米国財務省と内国歳入庁(IRS)は17日、暗号資産税務報告規則の改定を発表した。当初は1万ドルを超える暗号資産取引について広範な報告を義務付けていた。

財務省は現在、暗号資産取引について現金と同じ報告要件に従う必要はないと企業に通知している。ただし、これは正式な暗号資産規制が導入されるまでの話である。

米国政府、規制の導入が先と発表

米財務省は最近の声明で、規制が導入されるまでは、デジタル資産取引は現金と同じ報告義務の対象にはならないと説明している。

インフラ投資・雇用法は、デジタル資産を現金とみなすことで、1万ドル以上の現金を受け取ったことを報告するよう、貿易や事業に従事している納税者に義務付けている規則を改正した。

規制当局は、デジタル資産の受領を報告するための詳細と手順を提供する規則を発表することを目指しています。さらに、一般市民は書面提出や公聴会への参加を通じて意見を述べる機会が与えられる。

この規則が撤回されたのは、最初にこの規則を公表してからわずか数週間後のことである。

BeInCryptoは1月2日、米国市民が1万ドル以上の暗号を受け取った場合、その取引を報告する義務が生じたと報じた。この義務には名前と住所の報告も含まれ、期限は15日間である。

続きを読む暗号通貨の納税義務を軽減する方法:包括的ガイド

米国政府が暗号資産納税者への締め付けを強化

政府はIRSと協力し、米国内の暗号資産保有者が利益を正確に報告し、適切な額の税金を支払うことを確実にする方法を積極的に模索している。

さらに、最近の規則改正は、伝統的な資産と同様の方法で暗号報告を標準化することを目指しているようだ。

2023年8月、BeInCryptoは、規制当局がデジタル資産のブローカーに特定の販売と交換の報告を義務付ける規制案を導入したと報じた。

これは、デジタル資産に関する税務報告を証券やその他の金融商品と整合させるものである。

近年、暗号資産に対する米国政府の姿勢は論争を巻き起こしている。多くの業界リーダーが、政府は規制を強化するアプローチを採用していると主張している。その結果、BinanceやCoinbaseといった 大手暗号取引所 に対する法的措置が取られた。

しかし、両取引所は、規制が明確でないために困難が伴うと主張している。特に、彼らのビジネスにとって最適な運営戦略を見極めることが。

続きを読む2023年の究極の米国暗号税ガイド

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー