詳細を見る

米SEC、ブラックロックのスポット・イーサリアムETFに関する評決を延期

4 mins

ヘッドライン

  • SECはブラックロックのイーサリアムETF申請に関する決定を延期し、スケジュールを45日延長して3月とする。
  • SECは、ブラックロックが提案したイーサリアムETFのスポットルール変更について、パブリックコメントが不足していることを明らかにした。
  • ブラックロックのCEOであるラリー・フィンク氏は、トークン化への道を開くことに価値があると述べ、イーサリアムETFに楽観的な見方を示しています。
  • promo

米国証券取引委員会(SEC)は25日、資産運用会社ブラックロックのスポット型イーサリアム上場ファンド(ETF)申請に関する判断を先送りした。

1月25日にルール変更案を出す期限を設けていたものの、さらに45日判断を先送りした。

ブラックロック・スポット・イーサリアムETF申請にはパブリック・フィードバックの時間が必要

SECは最近の提出書類の中で、ブラックロックがイーサリアムETFをスポット上場させるためのルール変更案について、まだコメントを受け取っていないことを概説した。

この提案は2023年12月にパブリックコメントに付された。その結果、米国の規制当局は決定期限を3月まで延長することになった:

“委員会は、規則変更案とそこで提起された問題を検討するための十分な時間を確保するために、規則変更案について措置を講じるためのより長い期間を指定することが適切であると判断する。”

続きを読む: イーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

先週1月18日、SECはまた、フィデリティ・インベストメンツのスポット・イーサリアムETFに関する決定を3月5日まで延期した。

これは、ブラックロックのラリー・フィンクCEOが最近、イーサリアムETFについて楽観的な見解を述べている中でのことだ。

1月12日、BeInCryptoは、フィンク氏がイーサリアムETFに価値を見出していると説明したことを報じた。

「私はイーサリアムETFを持つことに価値を見出している。これらはトークン化に向けた足がかりに過ぎず、私は本当にこれが私たちの進む道だと信じている。”

暗号資産アナリストはイーサリアムETFにより懐疑的

ブラックロックはこのプロセスには慣れており、ビットコインETFのスポット申請でも同様の遅れに直面した。申請から約半年後、1月10日に承認を受けた。ブラックロックによるスポットビットコインETFの最初の申請は2023年6月に行われた。

しかし、暗号資産アナリストは、イーサリアムのスポットETFに対する機関投資家の需要があるかどうかについては少し懐疑的だ。

続きを読む イーサリアム(ETH)の購入方法と知っておくべきことすべて

1月18日、BeInCryptoは、Real VisionのCEOであるRaoul Pal氏が、機関投資家はイーサリアムETFのスポットよりも資産そのものを所有することを好む可能性があると指摘したと報じた。

パル氏は、イーサリアムETFがステーキング利回りを提供しない場合、機関投資家はイーサリアムを直接所有することを好むかもしれないと主張した。その理由は、資産を保有することで、ETFでは通常利用できないオプションであるステーキングを行い、利回りを得ることができるからである。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

a718c721350c73f75104b07dee70528e.png
Ciaran Lyons
オーストラリア、シドニー在住の暗号通貨ジャーナリスト。同氏は特にCBDCの開発や、実際のシナリオにおける暗号通貨の実践的な実装について書くことを楽しんでいる。同氏はまた、チャンネル・テン、チャンネル・ナイン、SBSテレビなど、オーストラリアの主要なテレビ・ネットワークに出演している。暗号通貨の世界に入る前は、全国的なラジオ局Triple Jで司会者として働いていた。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー