詳細を見る

米銀ステート・ストリート、新責任者を迎えブロックチェーン革新に注力

7 mins

ヘッドライン

  • ステート・ストリートは、デジタル資産およびブロックチェーンにおけるプレゼンスを拡大するため、デジタル・ソリューション部門の責任者を募集しています。
  • 給与は22万5000~33万7500ドルで、デジタルトランスフォーメーションとブロックチェーンに関する専門知識が求められる。
  • 2021年に発足したステート・ストリート・デジタルは、暗号資産、トークン化、分散型金融に注力している。
  • promo

米国で最も古い銀行のひとつであるステート・ストリート・コーポレーションは19日、デジタル資産ソリューション・チームのリーダーを積極的に探している。この動きは、同銀行が暗号通貨分野でのプレゼンス拡大に真剣に取り組んでいることを意味する。

ボストンまたはロンドンを拠点とするデジタル・ソリューション部門の新しい責任者の年俸は22万5,000ドルから33万7,500ドル。

ステート・ストリート、トークン化とブロックチェーン分野への拡大を継続

1792年に遡る豊かな歴史にもかかわらず、ステート・ストリートがデジタル資産分野に進出したのは最近のことだ。同行は過去数年にわたり、デジタル資産サービスを構築するために投資や他社との提携を行ってきた。しかし、規制上の課題から、暗号資産のカストディやトレーディング・サービスを直接提供することができなかった。

ステート・ストリート・コーポレーションは、戦略的かつ創造的なソート・リーダーとしてのデジタル・ソリューション部門の責任者の役割を概説しています。この人物は、デジタル資産テクノロジーに対する深い理解と幅広い機関投資家としての経験を持つべきである。

続きを読む採用されるWeb3の履歴書を書くための重要なヒント

「eFinancialCareersの求人情報では、「デジタル・ソリューション部門の責任者は、ステート・ストリート・デジタルの企業戦略の実行を推進する責任があります。

この職務は、チーフ・プロダクト・オフィサーに直接報告する必要があります。さらに、新入社員はインベストメント・サービシング・リーダーシップ・チームのパートナーと緊密に連携し、効果的な実行を確保します。新商品の構想からサービスの提供まで、ステート・ストリートの顧客、パートナー、ベンダーと関わっていきます。

デジタルトランスフォーメーションおよびビジネス・チェンジ・マネジメントにおける強力なバックグラウンドがこの職務には不可欠です。このポジションでは、ステート・ストリートの業務、特にカストディ、会計、証券代行、ペイメント、データ・サービスなどの分野に関する知識が求められます。

さらに、分散型台帳技術(ブロックチェーン)、トークン化サービス、ウォレット技術、暗号通貨、人工知能(AI)などの次世代技術に関する幅広い理解も必要です。

デジタル・ソリューション部門の責任者は、いくつかの重要な業務を担当します。これには、ステート・ストリート・デジタルの全体戦略の推進、効果的な製品管理ガバナンス・フレームワークの検討と導入、サービスとしてのトークン化の商業モデルの確立などが含まれます。

また、デジタル・スペシャリストのチームを監督し、持続可能でスケーラブルな運用ソリューションと顧客サービス提供モデルを開発します。

この職務に必要な学歴と経験には、金融サービスにおける15~20年の経験が含まれる。この職務には、実績あるチェンジ・マネジメント能力、関連する企業金融テクノロジー・ソリューションに対する深い理解、デジタル製品やサービスの開発・市場投入経験が求められます。MBAまたは上級学位を取得していることが望ましい。

2021年、ステート・ストリートは新部門ステート・ストリート・デジタルを立ち上げ、暗号通貨、トークン化、中央銀行デジタル通貨(CBDC)、ブロックチェーン技術への進出を目指す。

「金融の世界は変わりつつあります。我々は準備ができている。当社の新しい部門であるステート・ストリート・デジタルは、分散型金融とデジタル経済への業界の変革に重点的に取り組んでいきます」とステート・ストリートは発表した。

暗号資産に関心を寄せているのはステート・ストリートだけではない。最近、伝統的な金融機関が暗号資産へのエクスポージャーに関心を高めている。

例えば、JPモルガンはビットコインの上場投資信託(ETF)を大量に保有していることを明らかにした。これは、市場のボラティリティにもかかわらず、デジタル資産に対する機関投資家の関心が高まっていることを浮き彫りにしている。

続きを読むビットコインETFの取引方法:ステップ・バイ・ステップのアプローチ

同様に、欧州の銀行であるBNPパリバは、BlackRockのiShares Bitcoin Trust ETFを通じてビットコインへの大きなエクスポージャーを獲得している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー