詳細を見る

暗号資産取引所における米ドルのシェアが1年で急落

5 mins

ヘッドライン

  • 暗号資産取引所の米ドル建て取引が、1年で69%から47%に減少
  • 韓国ウォンは39%の減少で米ドルに続く
  • ビットコイン/イーサリアム・レシオは、2022年7月以来の最高水準に
  • promo

データサイトのKaikoによると、米ドルの暗号資産取引所でのフィアット(法定通貨)取引は、過去1年間で69%から47%に減少している。一方、ビットコインイーサリアム・レシオは2022年7月以来最高値を付けている。

米ドルは、中央集権型暗号資産取引所(CEX)において、わずか1年の間に法定通貨市場のシェアが69%から47%に低下したため打撃を受けている。

暗号資産取引所における米ドルの市場シェア

Kaikoは、同社のレポートでビットコインの取引量と価格上昇について言及している。ビットコインは、28,000ドルの大台を超え、さらに勢いを継続している。

米ドルの優位性の低下: Kaiko

Kaikoは、最も流動性の高い18の取引所からの情報に基づき、暗号資産の取引量が4ヶ月ぶりの高値となり、金額ベースで3月14日に510億ドルに達したと記している。以前の最高値は、FTXの崩壊時で取引量は800億ドルに達していた。

FTX崩壊後に米ドル取引量は最高値を更新:Kaiko

一方、Kaikoが指摘する懸念材料は流動性が低いことだ。同社は「流動性は依然として希薄」とし、「BTC-USDは2%下落し、BTC-USDTペアはシルバーゲート崩壊後10ヶ月ぶりの安値を付けた」と記載している。

CEXではステーブルコインが支配的であり、またKaikoによれば、これまでに起きた複数の金融事件がCEXに緊張を走らせているとのこと。ただ現状では、中央集権型取引所における取引の78%がステーブルコイン建てとなっており、フィアット建ての取引は19%にとどまる。

興味深い点は、米ドル建て取引が69%から47%に低下していることだ。一方、韓国ウォンには良い兆候が見られ、フィアット建ては、取引通貨としては2番目に多い39%を占めている。

ビットコイン/イーサリアム・レシオは2022年7月以来最高値に

Kaikoのレポートには、市場の方向性を示す他にも多くの興味深い統計データが記されている。中でも注目すべきは、ビットコイン/イーサリアム・レシオが2022年7月以降で最も高いことだ。これは、ビットコインがいかに強く市場を席捲しているかを示している。3月12日以降、BTCは31%上昇、ETHは18%上昇した。

イーサリアムは、価格に好影響を与えるであろうアップグレードが近づいているため、規制面での課題やそれに伴う取引所の決定が足枷となっている。例えば、クラーケン(Kraken)は先日、ETHのステーキングサービスを停止すると発表した。一方、米国の司法長官は、ETHは証券であると主張している。

ビットコインと株式の相関関係は低下

加えて、Kaikoは、ビットコインの株式との相関が低下していると指摘した。ビットコインとハイテク株の30日ローリング相関は先週、約30%だったが、最近では、BTCは絶対値およびリスク調整値ともに株式のそれを凌駕している。

BTCと株式の相関低下:Kaiko

こうした数値を見れば、ビットコインが世界経済の混乱の最中、回復力に優れた、現実的な暗号資産であることがわかる。これまでのところ、暗号資産市場の動きはそれを裏付けているとみられるが、投資家はしばらく状況を注視する必要があるだろう。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー