詳細を見る

下院、金融のプライバシー保護に賛成:CBDC監視防止法が可決される

8 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • CBDCの反監視国家法が下院で可決され、金融プライバシーの懸念とデジタル通貨の悪用に対処。
  • トム・エマー院内総務は2023年にこの法案を提出し、共和党から165人の賛同者を得て、216対192で可決した。
  • 現在、上院に向かっており、今回の可決は、米国下院が今月暗号資産に焦点を当てた法案を可決した3回目となる。
  • promo

5月23日、米下院は、2023年にトム・エマー院内総務が提出した「CBDC反監視国家法」を可決した。この法案は、連邦準備法を改正し、中央銀行のデジタル通貨(CBDC)が金融政策や直接的な消費者サービスに利用されないようにすることを目的としている。

この法案は、デジタル通貨の開発がプライバシーと個人の自律性というアメリカの原則を確実に守ることを目指すものである。

デジタルの進歩の中での金融プライバシーの確保:下院がCBDC法を可決

木曜日の午後、下院は216対192で法案を可決した。それまでに165人の共和党の賛同者がいた。

共和党が支持するこの法案の討論会には、まばらな出席者しかいなかった。共和党支持者はCBDCが悪用されるリスクを強調し、民主党支持者はイノベーション、ドルの世界的地位、法案作成の欠陥に焦点を当てた。

パトリック・マクヘンリー委員長は講演の中で、中国共産党(CCP)のような政府が市民の消費行動を監視するためにCBDCを利用した例を強調した。この監視は、個人の行動に基づいて報酬を与えたり罰則を与えたりする社会的信用システムを導入している。マクヘンリー氏は、このような形の金融監視はアメリカでは受け入れられないと主張する。

「憂慮すべきことに、現政権は同意していないようだ。2022年、ホワイトハウスはCBDCの研究開発を推進する大統領令を出した。その大統領令に対応する報告書は、こうした懸念を和らげるものではなかった。これがCBDC反監視国家法が必要な理由である。この法案は、いかなるCBDCの発行にも議会の承認法を要求し、それがアメリカの価値観を反映したものでなければならないことを保証するものである。オープンで、承認不要の自由な、プライベートな市場でなければ、CBDCは兵器化を待つ中国共産党式の監視ツールに過ぎない」とマクヘンリー委員長は述べた

続きを読む暗号資産と銀行:どちらが賢い選択か?

https://www.youtube.com/watch?v=9yIW15WKwe8&pp=ygUaYW50aS1zdXJ2ZWlsbGFuY2UgQ0JEQyBhY3Q%3D

法案可決後、エマー副議長は米国のデジタル経済環境の改善へのコミットメントを再確認した。

「私の法案は、米国のデジタル通貨政策が米国民の手に委ねられることを保証し、デジタルマネーのいかなる発展も、プライバシー、個人主権、自由市場競争力といった私たちの価値観を反映するものです。これこそが、将来のグローバル・デジタル経済に必要なことなのです。我々はこの取り組みを主導できたことを誇りに思うし、支持してくれた同僚に感謝する」と同氏は述べた。

とはいえ、法案は「オープンで、承認不要の自由な市場であり、米国コインや現物通貨のプライバシー保護を完全に維持するドル建て通貨」の発行を禁止しておらず、多くの人がステーブルコインを指していると考えている。フレンチ・ヒル代表の声明は、さらにこの部分を支持している。

「例えば、民間決済のステーブルコインは、人々が取引するユビキタスな方法となり、世界中で我々の通貨のドル支配を拡大し、強化する素晴らしいイノベーションです」と同氏は述べた。

暗号資産コミュニティは肯定的な反応を示し、リップル社が今後発表するステーブルコインはその説明にぴったりだと推測する人もいた。リップル社のXRPコミュニティで著名なJackTheRippler氏は、X(ツイッター)で興奮を表した。

“米国政府はCBDCを作ることはできないが、公共の既存のネットワーク上でステーブルコインを採用することはできる。今年、XRP Ledger上で高品質のステーブルコインをローンチするのは誰だと思う?リップルだ!”とJackTheRipplerは書いている。

しかし、リップル社の今後のステーブルコインは、今月初めの証券取引委員会(SEC)からの最近の再編集された救済回答準備書面のために危機に瀕しているかもしれない。SECは、リップル社が新しい暗号資産を立ち上げる計画を強調しており、多くの人が同社のステーブルコインを指していると考えている-SECは参考のためにリップル社のステーブルコインのプレスリリースを添付した。

今回の可決は、米下院が暗号通貨関連法案を可決した3例目となる。BeInCryptoは最近、下院が今月2つの暗号資産を可決したと報じた:H.J. Res. 109とFinancial Innovation and Technology for the 21st Century Act (FIT21)である。

続きを読むステーブルコインとは何か?初心者ガイド

H.J.Res.109は、SECのスタッフ会計公報第121号(SAB121)を覆すことを目的としている。一方、FIT21は、暗号通貨の規制におけるSECと商品先物取引委員会(CFTC)の役割を定義しようとしている。FIT21はまた、トークンの発行、取引、保管を含む暗号市場の様々な側面に関するガイドラインを定めている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー