詳細を見る

USDCが230億ドルの取引高で規制対象のステーブルコインをリード

7 mins

ヘッドライン

  • 2024年のUSDC取引高は230億ドルに急増し、前年の90億ドルの2倍以上となった。
  • MiCAの枠組みはこの成長をさらに促進し、コンプライアンスに準拠したステーブルコインを支持し、規制された代替通貨への需要を高める可能性がある。
  • 中央集権的な取引所はUSDCの取引量の大半を占め、ステーブルコイン市場で非準拠の取引所に挑戦している。
  • promo

USDCステーブルコインの取引量は年間230億ドルに急増している。この成長は、トレーダーが規制された代替ステーブルコインに引き寄せられるにつれて、透明性への要求が高まる中でもたらされた。

MiCAフレームワークの導入は重要な進展であり、適格なステーブルコイン発行者は全面的に刷新されたマニュアルを受け取ることになった。

USDCは230億ドルの取引量で規制ステーブルコインの需要をリード

Kaikoのレポートによると、CircleのUSDCステーブルコインの週間取引量は2024年に急増した。これは昨年記録された90億ドルの2倍以上であり、2022年に見られた50億ドルの約5倍である。

取引量の増加により、USDCは基金を裏付けとするステーブルコインFirst Digital USD(FDUSD)が誇る14%の市場シェアに挑戦することになった。報告書によると、中央集権型取引所(CEX)は分散型取引所(DEX)と比較して、これらの取引量の大半を占めている。

報告書によると、USDCとその姉妹であるユーロ建てのEURCステーブルコインは、欧州連合(EU)でMiCAフレームワークの最初の部分が発効した6月30日以降、1日の取引量が最も多い。

SocGenのEuro CoinVertible(EURCV)ステーブルコインもかなりの取引量を記録した。しかし、ビットスタンプ取引所でのみ利用可能であることから、EURCほどではなかった。

MiCA準拠のEURステーブルコイン、USDC
MiCAに準拠したEURステーブルコイン 出典:Kaikoレポート

顕著な出来高の増加は、CEXが関心を高める役割を担っていることと相まって、準拠ステーブルコインへの関心が高まっていることを示唆している。これは、現在ステーブルコインの総取引量の88%で市場を支配している非準拠の取引量と比較したものである。とはいえ、同レポートは、MiCAが準拠ステーブルコインに逆転する可能性を示唆している。

「コンプライアンスに準拠したステーブルコインのシェアは過去1年間で増加しており、透明性と規制された代替物に対する需要の高まりを示唆している。これまでのところ、この傾向はほとんどUSDCに利益をもたらしている。

MiCAフレームワークは、コンプライアントなステーブルコインに有利なバランスにシフトする可能性がある。

MiCAフレームワークが6月30日に欧州で実施されたことは、ステーブルコイン市場において画期的な進展であった。その実施により、ステーブルコイン発行者は、”ホワイトペーパーの発行、ガバナンス、準備金管理、およびプルデンシャル基準 “のような特定の要件を含む、完全に刷新されたマニュアルを受け取った。

サークルはMiCA実施の翌日、7月1日に電子マネー機関(EMI)ライセンスを確保した。EMIライセンスは、EUでドルペッグおよびユーロペッグの暗号資産を提供しようとする発行者のための要件である。EMIライセンスは、ユーロ建てEURCステーブルコインをEU域内の顧客に「オンショア」することを許可するものである。

実際、MiCAコンプライアンスはUSDCステーブルコインの人気を牽引している。信頼の証印は、永久先物決済のためにステーブルコインをより多く利用するための追い風になる、と開高リサーチは指摘する。例えば、デリバティブ市場に参加する際に独自のコンプライアンス要件を持っている機関投資家は、ステーブルコインの選択肢を検討する際に、このような閾値に注目するかもしれない。

「これらの永久市場でのUSDCの市場シェアはUSDTのほんの一部です。USDCの永続的な決済への利用が拡大していることは、ステーブルコインの規制が施行されるにつれて投資家の選好が変化していることを物語っています。

SOLIDUS LABSが主催したウェビナーでは、フレームワークの第2部が市場濫用の防止と禁止に対処することが示された。これは2024年12月30日までに完全に適用される。このような規制の変化をうまく乗り切るには、事前の準備、強力な内部方針の確立、高度な監視システムの導入が不可欠となる。

Jeremy Allaireは、2つのステーブルコインは、会社のコンプライアンス実績に基づいて、新しい枠組みの下で成功するための準備が整っていると述べた。CircleのCEOによると、この実績により、両ステーブルコインはステーブルコイン市場でさらなる成功を収めることができるという。

続きを読む:暗号資産規制:利点と欠点は何か?

ステーブルコイン市場におけるUSDCの主なライバルであるTetherのUSDTは、EMIライセンスを受けていない。同社のCEOであるPaolo Ardoino氏は、MiCAが期待する銀行現金による60%の裏付けにまだ納得していない

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

lockridge-okoth.png
Lockridge Okoth
ロックリッジ・オコトはBeInCryptoのジャーナリストで、Coinbase、Binance、Tetherなどの著名な業界企業に焦点を当てている。同氏は、分散型金融(DeFi)、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、リアルワールドアセット(RWA)、GameFi、暗号通貨における規制動向など、幅広いトピックを扱っている。以前はInsideBitcoins、FXStreet、CoinGapeでビットコインやアルトコイン(Arbitrum、Polkadot、ポリゴン(MATIC)など)の市場分析、技術評価を担当。同氏はケニヤッタ大学で分子生物学の学士号を取得し、バークレー校の起業家センターで認定ブロックチェーン・ファンダメンタルズ・プロフェッショナルの資格を取得している。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー