詳細を見る

VanEckがS-1を修正、SECの予備承認後にイーサリアム広告をリリース

6 mins
更新 Lynn Wang

ヘッドライン

  • SECがイーサリアムETFを承認後、VanEckはS-1フォームを更新。
  • 更新されたS-1では、本信託のETHを使った賭け行為は禁止されている。
  • VanEck、SEC発表後にイーサリアム広告をXで公開。
  • promo

著名な資産運用会社であるVanEckは、複数のスポット・イーサリアム(ETH)上場投資信託(ETF)の最初の承認に関する米国証券取引委員会(SEC)の発表と同時に、S-1提出書類を更新しました。

この進展は、これらのETFの導入に向けた重要なマイルストーンとなります。

VanEckのS-1更新と広告プッシュが暗号資産への熱狂を呼び起こす

更新されたS-1提出書類で、VanEckは、信託、スポンサー、ETHカストディアン、または関連する個人を含む関連当事者のいずれも、”ステーキング活動 “に参加しないことを明らかにしました。提出書類には、これらのエンティティが直接的または間接的な方法で、ステーキング報酬を生成するために信託のETHの一部を使用する行為に関与しないことが明記されています。

「本信託はステーキング活動でETHを使用せず、したがってステーキング活動からいかなる形態のステーキング報酬や収入を得ることはありません。投資家が本信託の株式を保有する際、ステーキングをリターンの源泉として放棄することにより、ステーキング活動からの潜在的なリターンを見送ることで、本信託の株式への投資が、ETHを直接購入して保有することで得られたであろうものから乖離する可能性があります

この更新と同時に、VanEckはSECの発表から1時間も経たないうちに魅力的な広告を開始しました。この37秒のビデオは、イーサリアムの可能性を強調し、中央集権的でないオープンソース経済の育成におけるその役割について問いかけています。

続きを読むイーサリアムETFの説明:それは何であり、どのように機能するか

VanEckの
VanEckの「Enter the Ether」広告。ソースX/VanEck

この動画は、「ピアツーピアのマーケットプレイスと仲介手数料のない支払い」を特徴とする未来を推測し、視聴者にイーサリアムの可能性について熟考するよう呼びかけています。ビデオは、「イーサに入ろう。あなたの心を自由にしてください。この広告は暗号資産コミュニティで大きな反響を呼び、公開から12時間で約44万回の再生回数を記録した。

SECの仮承認の数日、Depository Trust & Clearing Corporation (DTCC)はVanEckの提案するスポット・イーサリアムETFをETHVというティッカーで紹介し、その後BlackRockのものをETHAというティッカーで紹介した。こうした動きにもかかわらず、これらのETFの正式なローンチは不透明なままだ。

BeInCryptoによると、5月23日、SECはイーサリアムETFの潜在的な発行体数社の19-4bの提出を承認した。これらには、VanEck、BlackRock、Fidelity、Grayscale、Franklin Templeton、ARK 21Shares、Invesco Galaxy、Bitwiseが含まれます。しかし、これらのETFを正式にローンチするには、発行者はS-1フォームの承認も確保しなければならない

業界専門家は、S-1承認とそれに続くイーサリアムETFのスポットローンチのスケジュールについて推測している。ETF Storeのプレジデントであるネイト・ジェラチ氏は、SECが “S-1をスロープレー “する可能性を示唆した。さらに、ブルームバーグ・インテリジェンスのETFアナリストであるジェームス・セイファート氏は、S-1の承認が確定し、ETFがローンチできるまで「数週間以上かかる可能性がある」と予測した。

続きを読むイーサリアムETFに投資するには?

さらに、ジャーナリストのエレノア・テレット氏は、S-1フォームに関するSECスタッフと発行者の話し合いが始まっており、これらのフォームを承認する前にまだ「やるべきこと」があるというコンセンサスが得られていると報告した。とはいえ、他の潜在的なスポット・イーサリアムETFがVanEckと同じ動きをするかどうかは未知数だ。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Lynn-Wang.png
Lynn Wang
リン・ワンはBeInCryptoのベテラン・ジャーナリストで、トークン化された実物資産(RWA)、トークン化、人工知能(AI)、規制強化、暗号資産業界への投資など、幅広いトピックを担当している。それ以前は、BeInCrypto Indonesiaでコンテンツ制作者とジャーナリストのチームを率い、同地域における暗号通貨とブロックチェーン技術の導入、規制の進展に焦点を当てた。それ以前は、バリュー・マガジンで、伝統的な金融に影響を与えるマクロ経済動向を取材し、KoinPro暗号資産コミュニティを構築した。リンはタルマナガラ大学で広告コミュニケーションの学士号を取得し、CryptoCurrency Certification Consortiumの認定ビットコインプロフェッショナルである。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー