詳細を見る

バンガード、SECのイーサリアムETF承認にもかかわらず伝統的アプローチを維持

7 mins

ヘッドライン

  • バンガードはイーサリアムETFのスポットに反対し、伝統的な資産に固執する姿勢を維持。
  • 同社は、暗号資産のボラティリティを避け、長期的なポートフォリオのために株式、債券、現金を重視している。
  • 次期CEOのサリム・ラムジは暗号資産に詳しいが、現在の製品を支持している。
  • promo

バンガードは、イーサリアムのETFをプラットフォームで提供することに反対する立場を再確認し、暗号通貨商品に対する慎重なアプローチを維持している。

このスタンスは、米国証券取引委員会(SEC)がイーサリアムのスポット型上場投資信託を承認したことを受けたものです。

ETFに対する伝統的投資に対するバンガードのスタンス

SECの許可にもかかわらず、バンガードは断固とした姿勢を崩していない。約7.7兆ドルの資産を運用する同社は、株式、債券、現金といった伝統的な資産クラスへのコミットメントを一貫して強調してきた。バンガードは、これらがバランスの取れた長期的な投資ポートフォリオの中核をなすと考えている。

「我々は継続的にブローカーサービスを評価し、新たな商品参入を評価しているが、イーサリアムETFのスポットはバンガードのプラットフォームで購入することはできない」と同社の広報担当者は述べた

バンガードの姿勢は、いくつかの競合他社と対照的だ。フィデリティとチャールズ・シュワブは暗号通貨商品を採用し、顧客がビットコインETFをスポットで取引できるようにしている。もう一つの大手資産運用会社であるブラックロックは、ビットコインファンドを立ち上げ、200億ドル近い資産を集めている。しかし、バンガードの決定は、暗号通貨に関連するボラティリティと規制の不確実性を避けるための戦略的選択を反映している。

「バンガードのこの確固とした声明は、機関投資家がビットコインを全面的に受け入れていることがいかに驚くべきことかを浮き彫りにしている。このような投資家は、調査をして安全策をとる傾向があるため、彼らにとっては容易なことではなかった。これはまた、マイケル・セイラーが言っていた、BTCが機関投資家に好まれる暗号資産であるという言葉を思い起こさせる。ビットコインが時の試練に耐え、インターネットの事実上の分散型資産としての地位を確立したのに対し、イーサリアムは明らかにまだ解決すべきいくつかのねじれがあり、Vanguardの決定はこれを如実に浮き彫りにしていると思います」とQuantum Economicsの創設者兼CEOのマティ・グリーンスパン氏はBeInCryptoに語った。

続きを読むイーサリアムETFに投資するには?

7月にバンガードのCEOに就任するサリム・ラムジ氏は、以前はブラックロックのETF事業を率いており、スポット・ビットコインETFの準備で重要な役割を果たした。彼の経歴と暗号資産への明らかな関心にもかかわらず、ラムジ氏はバンガードの既存の商品提供を維持することにコミットしている。同氏はバロンズ紙のインタビューで、「商品とサービスの一貫性が優先事項であることに変わりはない」と述べている。

業界の専門家は、ラムジのリーダーシップの下でのバンガードの将来の方向性について推測している。Digital Assets Council of Financial Professionalsの創設者であるリック・エデルマン氏は、バンガードがいずれ暗号通貨ETFの分野に参入する可能性を示唆している。ブルームバーグのETFアナリスト、エリック・バルチュナスは、新CEOの暗号資産に関する過去を引き合いに出し、そうした展開の可能性を検討している。一方、他の著名人はバンガードの行動を論理的と見ている。

「バンガードは金融の世界では常にリスクを嫌うことで知られている。これは彼らにとって論理的で賢明なステップだ。ETHはビットコインよりも未成熟である(また、何年もかけて何度も変化してきた技術である)という意見も多い。創設以来、非常に「手つかず」であったビットコインとは異なります。テクノロジーと “資産 “に対する変化が市場の不安定性を引き起こすのではないかという心配があります」と、フォーチュン・ウォレットの創設者で業界のベテランであるカル・エヴァンス氏はBeInCryptoに語った。

続きを読むイーサリアムETFの説明:イーサリアムETFとは何か?

バンガードの慎重なスタンスは、より広範な規制や立法動向にも影響されている。暗号通貨を支持する法案に対する超党派の支持の高まりは、同社が注視している変化を示している。しかし、今のところ同社は、暗号通貨は投資の枠組みには当てはまらないと判断している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー