詳細を見る

ベンチャーキャピタルがAIトークンに数百万ドルを投入

13 mins

ヘッドライン

  • AIとブロックチェーンの統合は大きなベンチャーキャピタルを惹きつけ、市場の信頼を示す。
  • UtilaやSaharaのような革新的新興企業が資金を確保し、AIブロックチェーンの可能性を示す。
  • Sleepless AIやOraichainなどのAIトークンは、多様な用途で投資家の関心を集めている。
  • promo

人工知能(AI)とブロックチェーン技術の融合がベンチャーキャピタルから大きな関心と投資を集めている。

2024年第1四半期は、革新的なAI・ブロックチェーン・ソリューションを開発する新興企業への資金流入が目立っている。これは、1月にビットコインの上場投資信託(ETF)が導入されたことを受け、暗号資産市場に対する信頼が復活したことを示している。

AIトークンに数百万ドル流入

最近の傾向は、2023年に経験した低迷からの大幅な回復を反映している。当時、暗号資産とブロックチェーン分野のベンチャーキャピタルは58のファンドで57億5000万ドルまで減少した。Galaxy Digitalによると、これは2022年の262のファンドで377億ドルという記録的な額とは対照的だった。

2023年の最終四半期は、ベンチャー企業の資金調達が2.5%増加し、19億ドルに達し、極めて重要な瞬間となった。これは2022年初頭以来の暗号資産スタートアップ投資の増加であった。

VC Fundraising in Crypto
暗号資産におけるVCの資金調達|出典:ギャラクシー・デジタル

このように関心が若返ったのは、AIとブロックチェーン技術を統合したソリューションの開発が主な原因だ。そのため、暗号資産市場に新規参入する機関投資家に対応する製品を構築している。Utila、Synnax、Sahara、TON Foundation、UXLINK、TENなどの新興企業が資金調達に成功し、AIとブロックチェーンの統合の幅広い用途と可能性を示している。

関連記事:ベンチャーキャピタリストが暗号資産プロジェクトの資金調達方法を解説

企業向けのウォレットプロバイダーであるUtilaは、最近1150万ドルのシード資金調達を発表した。多数のチェーンをサポートするセルフ・カストディ・ウォレット・プラットフォームで投資家を魅了した。同プラットフォームはすでに30億ドル以上の取引実績があり、機関投資家の間で大きな支持を得ている。

同様に、Synnaxはクレジット・インテリジェンス・プラットフォーム向けに100万ドルのプレシード資金を調達した。同プラットフォームは、デジタル資産業界向けに透明で公平な信用格付け基準を確立することを目的としている。この取り組みは、より信頼性の高い分散型金融サービスへの需要の高まりを反映している。

ポリチェーン・キャピタルが主導し、他の著名な投資家が参加したサハラの600万ドルのシード資金調達ラウンドは、分散型AIネットワークの開発への取り組みを強化する。このネットワークは、自律的にデータを分析できるナレッジ・エージェント(KA)の作成を促進する。これは、AIをより身近なものとし、様々な分野に応用できるようにする画期的なものだ。

さらに、Mirana VenturesがToncoinを800万ドルで購入したことや、現在約265億2000万ドルと推定されるAIコインの時価総額が拡大していることからもわかるように、AIトークンへの投資は勢いを増している。この急成長の背景には、分散型AIマーケットプレイスからAIを活用したポートフォリオ管理など、暗号資産市場におけるAIの多様なユースケースがある。

注目すべきAI暗号資産

このような復活の中、特定のAIトークンは経験豊富な投資家やアナリストの注目を集めている。暗号資産アナリストのRekt Fencer氏は、暗号資産市場におけるAIの台頭を強調し、業界内のイノベーションを開拓するためにAI技術を活用する多様なプロジェクトを反映していると述べた。

フェンサー氏によると、AIコインの時価総額は、その重要性と可能性が高まっていることの証しだという。

「暗号資産市場におけるAIの台頭は止められない。多くのAI暗号資産プロジェクトが登場し、AI技術を活用して業界を革新し変革している。AIとブロックチェーンのインフラが発展し続ける中、両者が交差し、AIがブロックチェーンと直接対話するようになるのは時間の問題です。さらに、Nvidia GTC(GPU Technology Conference)はAIトークンの重要な推進力として機能し、業界のトップクラスの人物を惹きつけています」とフェンサー氏は説明する。

同氏はまた、この分野における可能性を示すいくつかのAIプロジェクトにスポットライトを当てている。フェンサー氏は投資家に対し、”このトレンドを見過ごさず”、”このチャンスをつかむ “ようアドバイスした。

関連記事:2024年の人工知能(AI)暗号通貨トップ9

Sleepless AIは、業界大手のバイナンスがサポートするブロックチェーンベースのバーチャルコンパニオンゲームとして登場した。ユーザーがAI主導のキャラクターと交流する魅力的なプラットフォームを提供し、エンターテインメントと最先端技術を融合させている。時価総額2億8,270万ドルのSleepless AIの成功は、没入感のあるユーザー体験を生み出すAIの可能性を示している。

ゲームからインフラに移行したOraichainは、分散型AIのブロックチェーンエコシステムとして際立っており、AIアプリケーションに安全で透明性の高い基盤を提供することを目指している。分散型AIサービスに対するこのアプローチは投資家を魅了し、その時価総額が2億7,160万ドルであることが証明している。セキュリティを強化したAIサービスの展開を可能にするOraichainの役割は、AIブロックチェーン統合の多様性を浮き彫りにしている。

同様に、AIOZはAIコンピューティング、データストレージ、Web3ビデオストリーミングを統合した分散型ネットワークを通じて、コンテンツ配信を再定義している。DePINの物語で知られるAIOZは、メディア消費における効率性とコストの課題に取り組んでおり、9億3520万ドルという大きな時価総額を誇っている。このプロジェクトは、AIとブロックチェーンの組み合わせが伝統的な産業にもたらす変革のインパクトを例証している。

その他の人工知能コイン

レクト・フェンサーはまた、医療画像の研究と臨床協力を加速させるために設計されたMonaiについても言及した。イノベーションと臨床応用の速度を速めることが目的だ。ディープラーニングの研究から実用化まで、医療画像のほぼすべての側面をサポートする強力なソフトウェアインフラを構築する。生成的AI技術へのアプローチと1610万ドルの時価総額は、このプロジェクトの可能性を反映している。

倫理的AIの分野では、enqAI(以前はnoiseGPT)が、検閲のない偏りのないAIソリューションを提供することを目指している。透明性と公平性を重視するenqAIは、テック業界全体に響くAIにおけるバイアスの問題に取り組んでいる。時価総額1億3,330万ドルを誇るenqAIの倫理的なAI開発への取り組みは支持を集めている。

フェンサー氏によると、AIT Protocolは、Web3データインフラ内でのデータアノテーションとAIモデルのトレーニングを重視することで、会話を前進させる。AI開発における高品質データの重要性を認識するAIT Protocolのソリューションは、時価総額5540万ドルに反映され、様々な分野での高度なAIアプリケーションへの道を開いている。

続きを読む利益を最大化する13のベストAI暗号資産取引ボット

MONAI, ENQAI, AIT, GTAI, NUM, RSS3 Price Performance
MONAI、ENQAI、AIT、GTAI、NUM、RSS3の価格パフォーマンス|出典:トレーディングビュー

AIと金融技術をさらに融合させたGTプロトコルは、CeFi、DeFi、NFTのポートフォリオ管理、取引、投資のためのAI主導型ソリューションを提供している。同社のプラットフォームは、時価総額3,290万ドルで証明されるように、金融サービスに革命をもたらすAIの可能性を示している。

Numbers Protocolは、コンテンツ検証を提供する分散型ネットワークを通じて、コンテンツの真正性という差し迫った問題に取り組んでいる。デジタルコンテンツの完全性に対する懸念が顕著な時代において、1億970万ドルの時価総額に支えられたNumbers Protocolのブロックチェーンベースのソリューションは、デジタルメディアの信頼を確保する有望なアプローチを提供している。

最後に、RSS3は従来のRSS標準を進化させることを目指している。分散型ウェブにおけるコンテンツ・シンジケーションのため、よりダイナミックでユーザー中心の方法を提案している。時価総額2億9900万ドルを誇るRSS3のコンテンツ配信革新への取り組みは、インターネット技術の進化を際立たせている。

これらのAIトークンは、AIとブロックチェーン技術の相乗効果の高まりの一面を表している。ベンチャーキャピタルがこれらの革新的なプロジェクトを探求し続ける中、AIトークンの進化はテクノロジーと投資の未来を形作るかもしれない。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー