詳細を見る

ミームコインからReddit IPOまで=Vブテリン氏、暗号資産とコミュニティの所有権について語る

6 mins

ヘッドライン

  • Vitalik Buterin、ミームコインの投資急増を批判、バランスの取れた暗号資産への資金供給を支持。
  • イーサリアム共同設立者、従来の金融システムの制約を克服する暗号資産の役割を強調。
  • ブテリンは、イーサリアムのネットワーク効率を改善し、コストを削減するEIP-4844の可能性について議論している。
  • promo

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は、現在の投資配分について懸念を表明した。具体的には、同氏は間接的に、Dogecoinのようなミームコインが大きな注目を集める一方で、暗号インフラの他の重要な側面が見落とされていると指摘している。

同氏のコメントは、SNS「X」でのRokoというユーザーとのやりとりの中で出たものだ。

ブテリン氏はミームコインの熱狂を批判したのか?

ブテリンは、資金の偏った分配を強調し、特定の分野がおそらく有益である以上に多くの投資を受けていると述べている。同氏は、この不均衡がエコシステムの成長に悪影響を及ぼすと主張し、「公共財」と競争優位性によって駆動されるセクターを区別している。さらに同氏は、特定のインフラに集中することで、より多くの支援が必要な分野のイノベーションが阻害されると指摘している。

公共インフラの話題に移り、ブテリンはその経済的課題に対するスタンスを再考する。同氏は長い間、暗号資産を公共財と見なしてきたが、そのような共同資源への十分な投資を妨げる経済原則のために、必要不可欠でありながら資金不足に陥っている。その結果、この視点は、重要な暗号資産の開発を妨げ、その潜在的な影響力を制限している体系的な問題に光を当てている。

「しかし問題は、「インフラ」は多様なカテゴリーであり、公共財であるインフラもあれば、現実的にゼロサムのネットワーク効果をつかむゲームであるインフラもあるということだ。今日、ある種のインフラは過剰に投資されているように感じられますが、他のインフラはまだあまり愛されていません」とブテリンは言う。

ヴィタリック・ブテリンがミームコインを微妙に批判しているにもかかわらず、このセクターは過去24時間で28%上昇している。ミームコインの時価総額は現在528億ドルに達している。

続きを読む2024年にトレンドとなる7つのホットなミームコインとアルトコイン

Top Meme Coins
ミームコインのトップ|出典:コインマーケットキャップ

暗号資産が地理的制約を解決する方法

さらにブテリン氏は、Redditの株式公開の決定について自身の考えを語っている。同氏は、IPOに貢献者を巻き込もうとする同プラットフォームの努力を評価する一方で、米国居住者以外の参加を制限する規制上の制約に失望を表明している。ブテリンによれば、この状況は伝統的な金融システムが課す広範な制約を示しており、暗号資産領域の包括性とは対照的だという。

「これが暗号資産である理由です。グローバル経済なのです」とブテリンは言う。

さらにブテリンの批評は、ミームコインを取り巻く投資熱狂にまで及んでいる。同氏はこれを、暗号資産におけるより有意義な関与とサポートの必要性と並置している。彼の見解は、より公平で機能的なエコシステムを育むために投資のバランスを取ることの重要性を強調している。

技術的進歩の文脈で、ブテリンはイーサリアム改善提案(EIP)4844の重要性を強調している。この提案は、イーサリアムネットワーク上のデータ保存コストを大幅に削減できる「ブロブ」(データバンドル)の導入を通じて、ブロックチェーンのスケーラビリティ問題に対処することを目的としている。ブテリン氏は、現在および予測されるデータ伝送コストを分析することで、EIP-4844の潜在的な経済的利益を指摘しています。

続きを読むEIP-4844とは何か?

ブテリンの洞察は、投資格差から規制のハードル、技術革新に至るまで、暗号資産コミュニティが直面する課題を包括的に考察している。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー