詳細を見る

ブテリン氏、Farcasterは「使える」Twitterの代替だと発言

7 mins

ヘッドライン

  • ヴィタリック・ブテリンは、Optimismネットワーク上に構築された分散型ソーシャル・ネットワークであるFarcasterについて、Twitterの代替としての可能性を賞賛している。
  • Farcasterは、ユーザーの所有権、プライバシー、相互運用性を重視しており、5ドルのサインアップ料によってボットの活動を制限する独自の対策をとっている。
  • 1日の収益が大幅に減少しているなどの課題はあるものの、Farcasterの革新的な機能とコミュニティへの参加は有望である。
  • promo

Farcasterはイーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏が注目している。実際、相互運用性、プライバシー、ユーザーの自律性を支持する分散型ソーシャルメディア・プロトコルとして際立っている。

レイヤー2のイーサリアム・スケーリング・ソリューションであるOptimismネットワーク上に構築されているため、開発者は多くの分散型ソーシャルメディア・アプリケーション(dApps)を作ることができる。

ヴィタリック・ブテリン氏はFarcasterをTwitterの代替と見なしている。

Farcasterのソーシャルネットワーキングへのアプローチは、その分散型かつ透明なフレームワークに根ざしている。中央集権的なサーバーの魔手から解放され、データ漏洩リスクを軽減する。これにより、データに対するユーザーの所有権が保証され、アプリケーション間の整合性が維持される。

プロトコルの相互運用性により、他のブロックチェーン・ネットワークとのシームレスな相互作用が可能になる。その結果、多様なデータやデジタル資産の交換を通じてユーザー体験を豊かにする。

Farcasterの特筆すべきイノベーションは、ボット活動を抑制する戦略だ。同プラットフォームは、スパムアカウントに対する抑止力であり、より本物の交流へのゲートキーパーでもある5ドルの登録料を設けている。この料金により、ユーザーは年間5,000キャスト、2,500投稿添付、2,500リアクションという制限を受ける。それでも、本当に熱心なユーザーには追加ストレージを購入するオプションがある。

Farcasterのフラッグシップ分散型ソーシャルアプリであるWarpcastは、エコシステムから離れることなく、データコントロールとユーザーエンゲージメントを優先し、親しみやすいユーザーエクスペリエンスを提供する。実際、ユーザーはプライバシーを尊重し、活気に満ちたインタラクティブで魅力的なコンテンツ・コミュニティを育むプラットフォームを享受している。

DeeZeというペンネームのNFTアートコレクターによれば、このアプローチは、オープン性と品質管理の間の思慮深いバランスを反映しているという。そのため、現代のソーシャルメディア・エンゲージメントのベンチマークとなっている。

「X(旧Twitter)よりもFarcasterの方が気に入っているのは、広告がないこと:広告がないこと、良い投稿やバイブスに対して友人に贈るためのトークンが毎日もらえること、プラットフォーム全体で20万人以下のユーザーしかいないのに、25万人のフォロワーがいるXと同じようなエンゲージメントが得られること、チャンネルによってより相対的なコンテンツを探して投稿できること、フレームがあること、などです」とDeeZeは説明する。

有望なスタートにもかかわらず、FarcasterはFriend.Techのような前身を彷彿とさせる課題に直面している。1日の収益が76%と大幅に減少しているため、Farcasterはユーザーの関心を維持し、財政的に存続させるという複雑な問題に対処しなければならない。最近の落ち込みは、暗号通貨の不安定な性質を反映しており、継続的なイノベーションとユーザー・エンゲージメントの重要性を強調している。

続きを読むFriend.Techとは?Web3ソーシャルメディア・アプリを深く掘り下げる

Farcaster Daily Revenue
Farcaster 1日の収益|デューン

いずれにせよ、ヴィタリック・ブテリン氏は、Farcasterがソーシャル・ネットワーキングを再定義する可能性があることから、Twitterの代替となりうると見ている。Farcasterの強みと今後の課題に対する同氏の認識は、分散型ソーシャルメディアの立ち位置を示している。

「Farcasterは、多くの人にとってTwitterの代替手段としてかなり使えるところまで来ていると感じています。チャンネルがあることで、多くの点でより良くなっていると思う。とはいえ、スパムは増えています。それをうまく処理することが次の課題だと思います」とブテリンは言う

Farcasterがスパムのような問題に対処し、成長軌道を維持しようと努力しているように、このプラットフォームはイノベーションと持続可能性の間の微妙なバランスを体現している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

frame-2466.jpg
Bary Rahma
バリー・ラーマはBeInCryptoのシニア・ジャーナリストで、暗号資産上場投資信託(ETF)、人工知能(AI)、実物資産のトークン化(RWA)、アルトコイン市場など幅広いトピックを担当している。それ以前は、バイナンスのコンテンツ・ライターとして、暗号通貨の動向、市場分析、分散型金融(DeFi)、デジタル資産規制、ブロックチェーン、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)、トークノミクスなどに関する詳細な調査レポートを作成していた。また、CNNの調査報道記者として、米国市場の最新テック分野の動向に焦点を当てた。ニューヨーク大学でジャーナリズムの学士号を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー