詳細を見る

ブテリン氏、トルネードキャッシュ開発者に30ETHを寄付

4 mins

ヘッドライン

  • ヴィタリック・ブテリン氏、トルネード・キャッシュ開発者の弁護基金に30ETH(113,000ドル)を寄付。
  • Etherscanが分散型プラットフォームJuiceboxでのブテリン氏の寄付を確認、ファンドは220万ドルに達する。
  • ブテリンは暗号資産におけるプライバシーツールを提唱し、法的挑戦の中でトルネード・キャッシュを支持する。
  • promo

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏は30日、Tornado Cashの開発者であるアレクセイ・ペルツェフ氏とローマン・ストーム氏の弁護基金に30ETH(約11万3,000ドル相当)を寄付した。暗号通貨分野におけるプライバシー保護の強化が目的。

Etherscanデータで寄付を確認

Etherscanのデータから、ブテリンが5月30日に分散型資金調達プラットフォームJuiceboxの「Free Pertsev and Storm」防衛基金に寄付したことが明らかになった。この記事を書いている時点で、この基金は開発者たちの法廷闘争を支援するために、220万ドルに相当する591ETHを蓄積している。

ETH volume for Legal Defense Fund support for Alexey Pertsev and Roman Storm.
アレクセイ・ペルツェフ氏とローマン・ストーム氏の弁護基金支援のためのETH量|出典:ジュースボックス

PertsevとStormは、暗号プライバシー・プロトコルであるTornado Cashに関与しているため、大きな法的課題に直面している。オランダの裁判所は、2019年7月から2022年8月にかけてトルネード・キャッシュを通じて12億ドルの資金洗浄を行ったとして、ペルツェフに懲役64カ月の判決を下した。同氏はオランダのs-Hertogenbosch裁判所で判決を不服として控訴している。一方、ストームは2023年から米国で拘留されており、裁判は9月に予定されている。

ヴィタリック・ブテリンは一貫して暗号資産におけるプライバシーを提唱してきた。同氏はイーサリアムのプライバシー強化に関する論文や提案をいくつか発表しており、トルネード・キャッシュのようなツールの支持を強めている。最近のファイヤーサイドチャットで、ブテリンはプライバシーに関する彼の見解を繰り返した。

「私はプライバシーに関することに取り組んでいる人々を支持している。エコシステムの中で物事が良い方向に進むことを願っています。そして、私はまた、政府がこの価値を理解することを願っています」とブテリン氏は説明した。

ブテリン氏のトルネード・キャッシュ開発者への寄付は、彼のプライバシー権へのコミットメントを浮き彫りにしている。同氏は、高度なプライバシーツールの開発に希望を持ち続け、デジタル時代におけるその重要性を強調している。ブテリン氏の揺るぎない支援と擁護は、プライバシーがデジタル取引の将来において果たす重要な役割を浮き彫りにしている。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー