詳細を見る

ボイジャー債権者がSBFと前FTX幹部を召喚

4 mins
記事 Oluwapelumi Adejumo

ヘッドライン

  • ボイジャーの債権者がサム・バンクマン-フリードと前FTX幹部を召喚
  • ボイジャーは「FTX関連事業者」のVGXでの取引ログを請求
  • SBFは、2月20日までに要求情報/書類を提出する予定
  • promo

ボイジャーデジタル(Voyager Digital)の無担保債権者の代表団は、前FTX CEOのサム・バンクマン-フリード(SBF)と破綻したFTXの他の幹部を召喚した。

2月18日の裁判所提出書類によると、SBFは裁判所で宣誓証言し、文書を提示するよう召喚されたとのことである。また、同様に召喚状を受け取った前FTX幹部は、共同創設者のゲーリー・ワン氏、製品責任者のラムニック・アロラ(Ramnic Arora)氏、アラメダ元CEOののキャメロン・エリソン氏である。

3人は、2月17日までに必要な情報を提供するよう求められた。一方、SBFは2月20日までに、通話記録と書類を提出することになっている。

ボイジャーの債権者グループは、FTX取引記録の提出を要望

一方、SBFの宣誓証言は2月23日にリモートでの実施が予定されている。召喚状は、2022年7月に暗号資産レンダーであるボイジャーデジタルが破綻した際、FTXが同社を救済しようとしたことに関連する内容を含む。

当時、FTX USはボイジャーの買収を希望し、同社と約15億ドルで(買収)合意に達していた。しかし、テキサス州保安委員会は、FTXが規制当局に登録されていないとして、この取引に反対を表明した。

今回の召喚状は、アラメダ・ベンチャーズ(Alameda Ventures)とボイジャー間の融資契約に関する文書、情報、物品を幹部が提出するよう求めるものである。

さらに、ボイジャーの弁護士は、「エリソン氏の承認したもの」「ワン氏の承認したもの」などの文書提出を求めており、FTXの新しいCEOであるジョン・J・レイ3世の発言に関する文書へのアクセスを希望している。召喚された当事者同士のテキスト、Telegram、Signal、Slackの全メッセージも請求対象に含まれている。

また、2022年4月から11月11日までのVGXトークンの取引状況を見るために、すべての「FTX関連事業者」の取引ログを求めることも申請書に含まれている。

FTXは過去に資金回収を求めてボイジャーを提訴

今回の召喚のタイミングは興味深いものだ。FTXがボイジャーデジタルを訴えたのが1月30日であることを考えると、FTXが破綻したレンダーに行ったローン返済額4億4,580万ドルを取り返す目的であることがわかる。

アラメダは、ボイジャーが2022年7月に破綻した際に、同社に債務を負っていた。しかし、FTXは破綻前の数週間前の2022年9月と10月に同債務を返済していた。

FTXとボイジャー間の法的な争いと、バイナンスによるボイジャーの買収に対するアラメダの最近の反対表明とが相まって、債権者は、資金を取り戻す望みがほとんどないまま、窮地に立たされた状況にある。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Takashi-HIgashi-new.jpg
Takashi Higashi
国際広報、海外の先端技術調査、海外企業との提携等をこれまで行ってきました。ここ数年、暗号資産に関心を持ってウオッチしています。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー