詳細を見る

ボイジャー・デジタル、今後数週間以内に弁済開始か

2 mins

破産した暗号通貨投資プラットフォーム、ボイジャー・デジタルと無担保債権者委員会(UCC)は5日、清算手続きの最終段階に入った。同社は今後数週間で債権者に残りの資産の分配を開始する可能性がある。無担保債権者委員会がツイッターにて発表した。

清算手続きは現地時間5日より開始予定。債権者には、資産を分配する手続きの詳細が説明される。異議申し立て期限は10日間。

ボイジャー・デジタルの株価は同日、3%近く上昇した。4月25日には、バイナンスUSがボイジャーデジタルの資産を10億200万ドル相当購入を取りやめた。その後、10日後に債権者と取り残された顧客に残りの資産を分配する計画を初めて発表した。当時ボイジャーは、チャプター11計画がオンラインプラットフォームを利用した顧客への現金と暗号通貨の直接分配を可能にすると述べていた。

ボイジャーデジタルは2022年7月、崩壊したヘッジファンド、スリー・アローズ・キャピタルに対するエクスポージャーにより、連邦破産法第11章(チャプター11の適用を申請。22年9月にはFTXの米国部門「FTX US」が落札したものの、その後FTXが破綻。米破産裁判所は、23年3月7日に、米国証券取引委員会(SEC)が提起した異議申し立てを退け、バイナンスUSによる資産買収を含むボイジャーの再建計画を承認していた。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

shota_oba.png
Shota Oba
国際関係の大学在籍中に国内ブロックチェーンメディアでのインターンを経て、2つの海外暗号資産取引所にてインターントレーニング生として従事。現在は、ジャーナリストとしてテクニカル、ファンダメンタル分析を問わずに日本暗号資産市場を中心に分析を行う。暗号資産取引は2021年より行っており、経済・社会情勢にも興味を持つ。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー