詳細を見る

アメリカ人ラッパー、ワカ・フロッカ・フレームがミームコインのバンドワゴンに飛び乗る

5 mins

ヘッドライン

  • ワカ・フロッカ・フレイムがミームコイン「FLOCKA」をソラナで発売。
  • オンチェーン調査員ZachXBTがFLOCKAの立ち上げにおけるインサイダー取引の可能性を発見。
  • アンドリュー・テイトの「DADDY」のような有名人のミームコインは、インサイダー取引で精査を受ける。
  • promo

ワカ・フロッカ・フレイム(Waka Flocka Flame)として知られるアメリカのラッパー、フアキン・ジェームズ・マルファーズ(Juaquin James Malphurs)が、自身のミームコイン「FLOCKA」を発表した。Solanaブロックチェーン上でリリースされたこの新しいミームコインは、月曜日にX(旧Twitter)で180万人のフォロワーに向けて発表された。

ワカ・フロッカ・フレイムは投稿の中で、ティッカーとコントラクト・アドレスの両方を共有し、広範な関心を呼び起こした。

オンチェーン調査員がインサイダー活動を発見

その後、ラッパーはXスペースの計画を明らかにした。このイベントで同氏はトークンを燃やし、FLOCKA保有者限定のエアドロップを発表する。さらに同氏は、トークン保有者のためのラスベガスでの限定プール・パーティをほのめかし、投資とエンターテイメントをミックスさせた。

しかし、このローンチはすぐに精査に直面した。暗号資産調査官のZachXBTは、インサイダー取引の可能性を指摘した。同氏は、公開直前に新しいウォレットがFLOCKAの供給量の約40%を取得していたと指摘した。

このウォレットはその後、これらのトークンを60以上の異なるウォレットに分散させた。オンチェーン分析会社Bubblemapsは、Ag41gと特定されたSolanaウォレットからのトークン配布を視覚的に追跡し、これらの主張を支持した。

続きを読む暗号資産詐欺プロジェクト:偽トークンを見分ける方法

FLOCKAトークンクラスター
FLOCKAトークンクラスター。ソースバブルマップ

さらにZachXBTは、Waka Flocka Flameが2021年から2022年のブルサイクルの間、イーサリアムのブロックチェーン上で非公開の有料プロモーションに以前関与していたことを明らかにした。Xのコミュニティメンバーは懸念を示し、X上のラッパーの投稿に文脈を追加した。

「WakaFlockaは、ZachXBTの調査によって明らかになったように、ラグ・プル・プロジェクトを推進してきた過去がある」とXの文脈は述べている。

有名人がミームコインの分野に参入する傾向は、孤立したものではない。最近では、アンドリュー・テイトが4億枚以上のDADDYミームコインを燃やしたことが話題になった。しかし、これらのトークンの実際の市場流動性は250万ドル程度だった。

アンドリュー・テイトが関与したシナリオには、インサイダー取引の疑惑も含まれている。Bubblemapsは、テイトのプロモーション活動の前に疑わしい取引を検知した。

さらに、同様のインサイダー取引パターンは、イギー・アゼリアのMOTHERトークンなど、他の有名人が推奨するミームコインでも観察されている。言うまでもなく、先月行われたケイトリン・ジェンナーのJENNERトークンのローンチも物議を醸した。

続きを読む2024年に流行する7つのホットなミームコインとアルトコイン

これらの動きは、ミームコイン市場、特に有名人が推進するミームコイン市場の複雑さと潜在的な落とし穴を浮き彫りにしている。知名度の高い人物の関与は、トークンの価値を一時的に高めることができる一方で、市場操作のリスクももたらす。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー