詳細を見る

バーンスタインがイーサリアムに強気、暗号資産クジラが6600万ドルを購入

4 mins

ヘッドライン

  • バーンスタイン、イーサリアムに楽観的な見方を示す。
  • 同社のアナリストは、5月までにイーサリアムETFが承認される可能性は50%と見ている。
  • ブラックロックCEO、トークン化の利点を強調しイーサリアムETFを支持。
  • promo

著名な証券会社であるバーンスタインは最近、イーサリアム(ETH)に対して強気の見通しを示している。この見通しは、著名な暗号資産ホエールウォレットである0x7a9による、約6600万ドル相当のイーサリアムの大幅な購入と一致している。

イーサリアムが勢いを増すにつれて、焦点はビットコインのETF主導の上昇から、イーサリアムの機関投資家採用の可能性と米国証券取引委員会(SEC)によるスポット上場ファンドの承認へと移っている。

ポジティブなセンチメントの中、ホエールがイーサリアムを集積

バーンスタイン社のレポートでは、イーサリアムがSEC承認のスポットETFの有力候補であると強調している。さらにアナリストは、イーサリアムETFが5月までに承認される可能性は50%、1年以内にはほぼ確実と見ている。

注目すべきは、フランクリン・テンプルトン、ブラックロック、フィデリティといった伝統的な金融の巨人たちが、米国でイーサリアムETFを立ち上げようと競い合っていることで、イーサリアムの中期的な見通しが強気であることを示している。それでも、イーサリアムへの関心はETFだけにとどまらない。金融機関はイーサリアムのネットワークを利用して、透明性の高いトークン化された金融市場を開発することを目指している。この野心は、単純な資産収集にとどまらない。

バーンスタインのアナリストGautam ChhuganiとMahika Sapraは、「Ethereumは、そのステーキング利回りのダイナミクス、環境に優しい設計、新しい金融市場を構築するための機関ユーティリティを備えており、メインストリームの機関投資家の採用に適した位置にある」と述べている。

続きを読むイーサリアム(ETH)価格予測 2024/2025/2030

同様に、ブラックロックCEOのラリー・フィンク氏もイーサリアムETFへの支持を表明した。同氏は、資産運用や取引におけるトークン化の変革の可能性を強調した。フィンク氏の支持は、デジタル金融におけるイーサリアムの重要性の高まりを浮き彫りにしており、ブロックチェーン技術への投資戦略のシフトを示唆している。

イーサリアムの魅力をさらに高めるもう1つの開発は、取引コストを50%~90%削減することを約束するDencunのアップグレードである。

最近、クジラ0x7a9が22,719ETHを平均価格2,893ドルで取得したことは、イーサリアムに対する投資家の信頼が高まっていることを裏付けている。この購入にはBinanceと 1inchを通じた重要な取引が含まれており、強固な投資戦略を示している。

Crypto Whale Ethereum Holdings
暗号資産イーサリアムホールディングス。出典SpotOnChain

現在、クジラのポートフォリオは74,383 ETHと5,485 stETHを誇り、およそ2億3380万ドルの価値がある。クジラの未実現利益は1,238万ドル。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースと非可菌トークン(NFT)を専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー