詳細を見る

【1月第1週まとめ】目前に迫ったビットコインETF承認、合札がなくてもコイコイ?

8 mins
記事 Paul Kim

ヘッドライン

  • 23年末は目前に迫ったビットコインETF承認に話題が集中した
  • ビットコイン価格は3万2000ドル台まで下落するとの専門家の予測もある
  • 多くの投資家はビットコインの下落を予想した売りよりも、保有や上昇を予想している
  • promo

2023年最後の週に出た主なニュースは大きく2つありました。 1つは26日に起こったマウントゴックスの債権団の債務返済のニュースです。 アメリカの代表的なSNSの1つであるRedditに「マウントゴックスの債務返済を受けた」という主張が掲載され、ビットコインの急落につながりました。

マウントゴックスは14年に大規模なハッキングで破産した暗号資産取引所で、破産する前に14万2000個以上のビットコインを保有していました。 現在の韓国ウォン価値では8兆ウォンを超えています。債務返済が始まれば、10年以上取引所に縛られていたビットコインが市場に放出される可能性があるため、ビットコインの価格には良くないことでしょう。

実際にこの日、ビットコインの価格は急速に4%ほど下落しました。 しかし、債務返済が始まったという具体的な証拠が提示されないと、再び4万2800ドルまで回復し、再び下落を繰り返しました。 ビットコイン現物ETFの承認を前に、市場がいかに耳の肥えた状態であるかが分かる風景でした。

暗号通貨のオンチェーンデータ分析企業であるCryptoQuantのCEOであるJu Ki-young氏は、マウントゴックスの噂に関連して、自身のXに「マウントゴックスの債権者の電子財布からは資金が動いた形跡がない」と投稿しています。

ロイター「ビットコイン現物ETF承認、2~3日に出る可能性あり」

もう1つの大きなニュースは、週末の直前の29日、ロイターのビットコイン現物ETFの発売時期に関する報道でした。ロイターは、米国証券取引委員会(SEC)の承認を得るために、資産運用会社が28日と29日に新しい書類を提出したと報じています。

興味深いのは、ロイターが書類提出手続きに詳しい匿名の情報筋を引用し、「早ければ火曜日(現地時間2日)または水曜日(同3日)に申請会社に発売許可を受けたという通知が行く可能性がある」と伝えたところです。記事を見ると、この情報筋は、ETFの承認決定はその可否自体が市場に敏感な情報であるため、これが公式発表前に流出しないように、承認が決定されるとすぐに通知される可能性があると伝えています。

以前、市場で有力に承認が出ると予想されていた日程は1月8~10日の間でした。ロイターの報道が正確であれば、承認スケジュールが1週間ほど早まることになります。

そのため、ビットコインの価格は週末を通してかなり堅調な動きを見せ、4万2000ドル台を維持しました。最近10日と比較すると、かなり多くの取引量が発生したにもかかわらず、価格が維持された背景には、「今週中にSECの承認の可否が公開されれば、もうビットコインの保有を延期することはできない」という買い心理が働いたと思われます。

ビットコインの長期上昇は肯定的=短期調整に維持できるかがカギ

実際、暗号通貨取引に精通した多くの個人アナリストは、短期的な観点からビットコインの調整の可能性を提起してきました。 それは、ビットコインが昨年6月のブラックロックのETFリリース申請以降、特に調整することなく急上昇を続けており、現在、短期保有者の利益水準が高いため、彼らが利益確定に踏み切る可能性があるという理由からです。

承認されたとしても、承認ニュースをきっかけに一時的なビットコインの下落が発生する可能性があるという見通しが出た背景です。下落が発生した場合、3万2000ドル台まで押される可能性があるという具体的な見通しも出ています。

他にもさまざまな警告が噂されています、。一部では、ビットコイン現物ETFが実際に市場にビットコインの需要を生み出す効果はほとんどなく、一種の「ペーパー・ビットコイン」に終わる可能性があるという主張もあります。

これに対し、ブルームバーグETFアナリストのエリック・バルチュナス氏は「ビットコイン現物ETFと金ETFは非常に似ているだろう」とし、「金は毎日、米国の金融会社であるステートストリートが受託機関に何トンの金が保管されているかを発表している」と却下しました。

価格上昇を予想する投資家にとってポジティブな兆候は、誰かがこのような噂に惑わされることなく、ビットコインを着実に購入していることです。代表的な「ビットコインダイヤモンドハンド」として知られるIT企業マイクロストラテジーは、12月に1万4620個のビットコインを追加購入したと発表しました。 彼らが今回購入したビットコインの規模は約6億1570万ドルに達します。

今週もビットコイン現物ETFの承認の可否とそれに伴うビットコイン価格が投資家の最も重要な関心事になると予想されます。1週間のニュース、そしてビットコインの価格推移を総合すると、すでに多くの投資家はビットコインの下落を予想した売りよりも、保有や上昇を予想しているようです。

本当にビットコイン現物ETF承認は今週中に結果が出るのでしょうか?ビットコインの価格は投資家が望むように上昇するのでしょうか?今後のニュースが入り次第、まとめていく予定です。それでは、今週の投資が成功する一週間になりますように。

ベスト暗号資産取引所

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

cedceae522f595381d1c079a5b672651.png
韓国BeInCryptoのSenior Research Leadとして働いています。クリプトコンサルティング企業であるWonderframeの代表を務めています。 Coindesk Koreaなどの韓国メディアで12年ほど記者として働き、大学では化学とジャーナリズムを専攻しました。CryptoとAI、社会に関心があります。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー