詳細を見る

今週の米国経済イベント:暗号資産市場は米連邦準備制度理事会(FRB)当局者の見解を待つ

5 mins

ヘッドライン

  • 米連邦準備制度理事会(FRB)当局者が先週の金利決定についてコメントし、暗号資産市場に影響を与える可能性がある。
  • 主要経済イベントには、S&Pサービス業PMI、ISM非製造業PMI、失業保険申請件数の発表が含まれる。
  • 投資家は、最近の経済データが今後の金利決定にどのような影響を与えるかについてのFRBの見解を待っている。
  • promo

今週は、米連邦準備制度理事会(FRB)高官が先週の金利決定についてコメントするなど、多忙な経済カレンダーが予定されている。さらに、暗号資産市場は週末にかけて冷え込んでいるが、今週の経済イベントで下落に転じるのだろうか?

マクロ経済専門紙「コベッシ・レター」は5日から始まる週の米国の主要経済イベントをリストアップした。これは、ビットコインと暗号資産が下落した週末に続くものだ。これらはHalving前の整理期間に入るようだ。

経済カレンダーイベント

2月5日(月)は、S&Pサービス業PMIとISM非製造業PMIが発表される。これらの購買担当者景気指数は信頼性の高い経済指標として利用されており、市場や経済の方向性を洞察する材料となる。

さらに、木曜日には初期失業保険申請件数が発表されるが、注目はFRBの講演者たちだ。

金曜日には、労働統計局が消費者物価指数(CPI)の季節調整係数の年次再計算を発表する。

This week’s economic calendar: Source: X/@markets_bot
今週の経済カレンダー|出典:X/@markets_bot

今週は半数以上の米中央銀行が講演を行う。FRB関係者は、中銀の考え方を説明する。また、最近の経済報道が中央銀行の今後の行動にどのような意味を持つかについてもコメントする。

ミネアポリス連銀のニール・カシュカリ総裁、クリーブランド連銀のロレッタ・メスター総裁、フィラデルフィア連銀のパトリック・ハーカー総裁が火曜日に講演する。

水曜日には、アドリアナ・クグラーFRB総裁とミシェル・ボーマンFRB総裁、トム・バーキン・リッチモンド連銀総裁が発言する。最後に、ダラス連銀のロリー・ローガン総裁が金曜日に講演する。

続きを読む 暗号通貨を使ってインフレから身を守る方法

先週、パウエルFRB議長は、インフレが抑制されていることを示す証拠を探すため、3月の利下げはあり得ないと述べた。

さらに、投資家は最近の経済データが今後の金利決定に関する公式見解にどのような影響を与えるかを聞くことを期待しており、次回は3月20日に予定されている。

さらに、木曜日にはイエレン財務長官が上院銀行委員会で証言し、米国の金融安定に関する年次報告書を提出する。

決算発表の多い週

しかし、今週は主要経済指標の発表がほとんどないため、投資家の関心は企業決算に向かうだろう。

小売、食品・飲料、自動車、エンターテインメント、製薬業界の主要企業が今週、決算報告を発表する。

暗号資産市場は週末にかけて冷え込んでいる。月曜朝のアジア取引セッションでは、総資本は1.3%減の1.7兆ドルとなった。

Total crypto market cap 90D chart. Source: CoinGecko
暗号資産時価総額90Dチャート|出典:コインゲッコー

ビットコインは、先週金曜日のオプション満期の後、4万3,000ドル以上で大きな進展を遂げることができず、本稿執筆時点で1.4%下落して4万2,437ドルとなっている。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー