詳細を見る

今週の暗号資産:アルゼンチンがビットコインを探索、柴犬のアップデート、ミームコイン詐欺、ソラナETF

9 mins

ヘッドライン

  • アルゼンチン、ビットコイン導入を検討 規制戦略でエルサルバドルと協力模索
  • 柴犬のShibariumアップデートはブリッジ時間を短縮し、ユーザーエクスペリエンスと市場での地位を向上させる。
  • Normie meme コインがエクスプロイトにより99%クラッシュ。
  • promo

今週、主要暗号通貨のボラティリティは比較的低かった。しかし、ミームコインセクターは、最近のShibariumのアップデートといくつかの物議を醸す 有名人のトークン発売により、活気に満ちていた。

一方、ビットコインの採用は勢いを増している。エルサルバドルの成功したBTC戦略は、他のいくつかの国の注目を集めている。

アルゼンチンとエルサルバドルのビットコインへの野望

暗号資産採用の追求において、アルゼンチンは、法定通貨としてビットコインを採用した最初の国であるエルサルバドルとの協力を望んでいる。先週、注目された会議の後、アルゼンチンの国家証券委員会(CNV)当局者は、エルサルバドルのビットコイン専門家と規制戦略について議論した。

CNVのロベルト・シルバ総裁は、アルゼンチンがビットコインの利用を強化するための協力協定を締結する意向を強調した。

「エルサルバドルは、ビットコインの使用と暗号資産の広い世界における主要国として浮上している。我々はエルサルバドルとの関係を強化したい。エルサルバドル政府との協力協定の締結を検討します」とシルバ氏は述べた。

経済的な課題や暗号資産を規制する外部からの圧力に直面しているにもかかわらず、アルゼンチンの動きはビットコインコミュニティを大きく後押しする可能性がある。これは、猛烈なインフレと経済不安の中で暗号資産への依存が高まっていることを反映している。

続きを読む暗号通貨を使ってインフレから身を守る方法

アルゼンチン暗号資産ユーザー
アルゼンチンの暗号資産ユーザー。出典スタティスタ

Normieミームコイン、深刻な市場暴落に直面

先週末、Normieミームコインはその契約税メカニズムの悪用により壊滅的な後退に遭遇し、価値の劇的な99%の下落につながった。フラッシュローンアタックによって引き起こされたこの侵害は、トークンの供給をエスカレートさせ、時価総額を4,100万ドルからわずか744,300ドルまで減少させた。

このような混乱にもかかわらず、攻撃者は盗まれた資産の90%を返還することを提案し、Normieの開発者はこれを受け入れた。彼らは現在、回復とトークンの再ローンチの努力に集中している。

続きを読む暗号資産のセキュリティ:早期脅威検知ガイド

ノーミーの価格パフォーマンス
Normieの価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

柴犬がネットワークを強化

木曜日、柴犬(SHIB)を支えるネットワークであるShibariumは、Shibariumとイーサリアム(ETH)間のブリッジ時間を7日から約45分に短縮するメジャーアップデートを発表しました。この機能強化は、より高速で効率的なトークン転送を可能にすることで、ユーザー体験を強化することが期待されます。

このアップデートはネットワーク効率の改善を意味し、暗号通貨の市場での地位を高める上で極めて重要な役割を果たす可能性がある。このアップデートの中、柴犬の価格は今週8%の急騰を見せ、市場の好意的な反応を反映した。

しかし、過去24時間で、Shiba Inuは約1%下落し、現在0.00002597ドルで取引されている。

続きを読む柴犬 (SHIB) 価格予測 2024/2025/2030

柴犬の価格パフォーマンス
柴犬の価格パフォーマンス。ソースBeInCrypto

ケイトリン・ジェンナーの暗号資産論争

有名人の暗号資産ニュースでは、ケイトリン・ジェンナーのミームコ イン市場への参入が物議を醸した。

この反発は、インフルエンサー主導の暗号資産ベンチャーに対する懸念と詐欺の可能性を浮き彫りにした。こうした課題にもかかわらず、ジェンナーはJENNERトークンへの継続的なコミットメントを表明し、今後のガバナンスと透明性の向上を望んでいる。

Mt.Goxの歴史的なビットコイン運動

消滅した暗号資産取引所であるMt.Goxが約13万8000ビットコイン(約94億ドル相当)を送金したというニュースで暗号コミュニティは騒然となった。この動きは、東京地方裁判所によって承認された再生計画の一部であり、長年の債権者問題を解決する重要な一歩となった。

潜在的な市場への影響については憶測が飛び交っているが、CryptoQuantのアナリストは、今回の移転は管理されたアドレス内で行われたため、直ちに売り圧力がかかる可能性は低いと指摘している。

「CryptoQuantはBeInCryptoと共有したリサーチレポートの中で、”我々は、転送が同じエンティティ(Mt.Gox再生管財人)のアドレス内で発生し、まだオープン市場で利用できないため、これらの取引からビットコインの即時売り圧力はないと結論づけた。

続きを読む暗号資産破産トップ:知っておくべきこと

Mt.Goxビットコイン取引所積立金
Mt.Goxビットコイン取引所準備金。ソースCryptoQuant

規制が不透明な中、噂されるソラナETFの遅延

暗号資産コミュニティは、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のソラナ(SOL)先物商品の計画に関する憶測で盛り上がっている。SECがイーサリアムのスポットETFを承認したことを受け、ソラナのETFが期待される中、SOL先物に関する不確実性が市場の憶測を助長している。

この状況は、暗号資産ETFの進展に大きな影響を与える規制区分の複雑さを浮き彫りにしている。専門家は、Solanaがイーサリアムのような、より分散化された地位を獲得しない限り、ETFへの道は困難に直面するかもしれないと示唆している。

今週の暗号資産トップ10

今週の暗号ラウンドアップの最後に、市場では上位暗号資産の間で様々なパフォーマンスが見られた。BitcoinとEthereumは小幅な上昇を見せたが、Toncoin (TON)は4%の上昇を記録し、上位暗号資産の中で最も高い上昇を記録した。

一方、柴犬は水曜日にカルダノ(ADA)の時価総額を一時的に反転させた。しかし、カルダノはすぐにその地位を取り戻し、現在9位にランクインしている。

続きを読む:アルトコイン・シーズン前にポートフォリオに加えるべき11の暗号資産

時価総額上位10暗号資産
時価総額上位10暗号資産。ソースコインマーケットキャップ

今週の動向は、規制の進展、技術的な更新、ミームコイン投資の常に存在するリスクを網羅し、暗号資産の活気と不安定な性質を示している。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Frame-2264-1.png
Harsh Notariya
BeInCrypto のジャーナリストで、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)、トークン化、暗号資産エアドロップ、分散型金融(DeFi)、ミームコイン、アルトコインなど、さまざまなトピックについて執筆している。BeInCryptoに入社する以前は、Totality Corpのコミュニティ・コンサルタントとして、メタバースとNFTを専門としていました。また、Financial Fundaのブロックチェーンコンテンツライター兼リサーチャーとして、Web3、ブロックチェーン技術、スマートコントラクト、暗号通貨に関する教育レポートを同氏が作成した。バローダのマハラジャ・サヤジラオ大学で情報技術の学位を取得。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー