詳細を見る

チェーンリンク(LINK)、22カ月ぶりに高値18ドル突破

5 mins

ヘッドライン

  • サンティメントによると、チェーンリンクのネイティブ・トークンであるLINKは、休眠状態のウォレットが活動を再開しているため、暗号資産市場をアウトパフォームしている。
  • LINKが流通に戻ったことが価格上昇に貢献したようで、トークンは22ヶ月ぶりの高値となる18.13ドルまで上昇した。
  • チェーンリンクの時価総額は100億ドルを突破し、トロン(TRX)の12位に迫る勢いだ。
  • promo

ブロックチェーン・オラクル・プロバイダーであるChainlinkのネイティブ・トークンが今日、他の暗号資産を上回るパフォーマンスを示している。 オンチェーン分析プロバイダーのサンティメントによると、LINKが急伸しているのは休眠ウォレットが活動を再開したためかもしれない。

2月2日、ブロックチェーン分析会社Santimentは、LINKがアルトコインの群れを飛び抜けていると報告した、

“いくつかの以前休眠していたウォレットが消費された最高年齢スパイクを作成した後”

Santimentは、移動したコインに休眠していた日数を掛け合わせることで、この観測を行った。そしてこう述べています、

“このようにLINKがネットワークの流通に戻ったことが、価格の急上昇に貢献したと思われる。”

さらに、Chainkinkネットワークでは、ウォレットの小規模な清算が見られたと付け加えた、

“これはしばしば、更なる価格上昇の一因となるFUDの兆候である。”

Chainlink dormant coin movement: Source: X/Santiment
チェーンリンク休眠コインの動きソースX/サンティメント

このブレイクアウトにより、LINKの価格は金曜日の朝のアジア取引セッションで18.13ドルという日中および22ヶ月ぶりの高値をつけた。

LINKが最後に18ドルを上回ったのは2022年4月だった。次の大きな抵抗線は2022年1月の28ドルである。

CoinGeckoによると、この大きな動きによってチェーンリンクの利益は過去7日間で30%に達した。また、LINKの時価総額が100億ドルを突破したことで、Tron(TRX)の12位まであと少しとなっている。

続きを読むチェーンリンク(LINK)の購入方法と知っておくべきことすべて

チェーンリンクのブームとFOMOは、主に現実世界の資産トークン化の勢いに後押しされている。2月2日、同ネットワークはXフォロワーに対し、この分野における業界リーダーであることを再認識させた。

「伝統的な金融機関がブロックチェーンとトークン化されたRWAを大規模に採用するには、データ、コンピュート、クロスチェーン機能が必要です。この3つを提供できるのはチェーンリンクのプラットフォームだけです”

2月1日、トレーダー兼アナリストの “サトシ・フリッパー “は、Xswapと呼ばれるCCIPを搭載したチェーンリンク上の最初のクロスチェーンスワッププロトコルが稼動したと述べた。暗号資産プロバイダーは、シームレスなクロスチェーン取引を可能にするため、7月にCCIP(Cross Chain Interoperability Protocol)を立ち上げた。

地歩を固める他のアルトコイン

LINKは暗号資産トップ30をリードするアルトコインだが、今週金曜日は他の暗号資産も好調だ。

Solana (SOL)は、ブロックチェーントークンが再び100ドルに迫る中、5.3%上昇した。

Solana (SOL) price chart 1M. Source: BeInCrypto
Solana (SOL) 価格チャート 1M.ソースBeInCrypto

さらに、レイヤー2プラットフォームトークンのPolygon (MATIC)は4.9%上昇し、執筆時点で0.80ドルを超えている。

Internet Computer (ICP)は9.2%上昇した。一方、イミュータブル(IMX)は15%上昇し、今週金曜日のアジア取引で2.21ドルに達した。

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Trusted

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

profile.jpg
Martin Young
マーティン・ヤングは、デジタル資産分野の最新ニュースやトレンドを7年以上取材してきたベテランの暗号通貨ジャーナリスト兼編集者。同氏は、複雑なブロックチェーン、フィンテック、マクロ経済学の概念を主流の聴衆に分かりやすく伝えることに情熱を注いでいる。 BeInCrypto、CoinTelegraph、NewsBTC、FX Empire、Asia Timesなど、金融、テクノロジー、暗号資産に関するトップクラスの出版物で紹介されている。彼の記事は、暗号通貨市場、分散型金融、新興プロジェクト、規制の進展、デジタル資産の現実世界での採用について詳細な分析を提供しています。 暗号資産に加え、マーティンはウェブ開発とサイバーセキュリティの分野で20年以上の経験がある。同氏はその幅広い知識を暗号資産業界の最新の脅威や悪用に関する記事に活かしている。 執筆以外では、同氏が拠点とする東南アジアの僻地への旅行に多くの時間を費やしており、CNNでも写真を発表している熱心な写真家でもある。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー