詳細を見る

DYDXとは?dYdXチェーン・ユーティリティ・トークンのすべて

11 mins

ヘッドライン

  • DYDXトークンは、Cosmos SDK上に構築され、CometBFTを使用するPoSブロックチェーンであるdYdX Chainに不可欠な要素
  • DYDXトークンがイーサリアムからdYdXチェーンに移行したことで、その機能と全体的な価値が大幅に向上した
  • ethDYDXとは異なり、DYDXの保有者はガバナンス、ステーキング、ネットワークのセキュリティ確保において強化された役割を得ることができる
  • promo

DYDXトークンは、分散型金融(DeFi)商品とデリバティブに焦点を当てたdYdXチェーンの不可欠な部分である。イーサリアムからdYdXチェーンに移行した後、DYDXトークンは大きな変化を遂げ、新たな機能性とユーティリティの拡大をもたらした。以下がその内容だ。

イーサリアムからコスモスまで

dYdXチェーンは2023年10月27日6:00(日本時間)に誕生し、最初のブロックをローンチした。DYdXはEthereum上での最初の展開から、Cosmosエコシステム内での独自のチェーン運営に移行した。この進化は、Cosmosネットワークの相互接続性と効率性を活用することを目的とした、開発の大きなステップを意味する。

Cosmos SDK上に構築され、コンセンサスにCometBFTを使用するProof-of-Stake(PoS)ブロックチェーンは、DYDXを主要トークンとして採用し、ネットワークを保護する鍵として、チェーンを保護するためのステーカーに報酬を与える方法として、またコミュニティ主導のガバナンスを可能にする。DYDXの保有者は、アセットをバリデーターに委譲したり、バリデーターになることができ、ブロックチェーンの安全性を強化する。さらに、彼らはノードソフトウェアのアップデートからコミュニティ資金の配分に至るまで、重要な提案に投票することでdYdXチェーンの未来を形作る力を行使する。

イーサリアムからdYdXチェーンへの移行には、ethDYDXトークンがロックされ、dYdXチェーン上の対応するDYDXトークンがユーザーに割り当てられる一方通行のブリッジスマートコントラクトが用いられた。このプロセスは無許可で自動化され、トークン保有者にとってシームレスな移行を保証するように設計された。

主な相違点と新機能

ステーキングとセキュリティー

DYDXトークンは、保有者により深いレベルの関与をもたらし、ステークメカニズムを通じてネットワークのセキュリティを積極的に強化することを可能にする。この参加には2つの形態がある。保有者自身がバリデーターの役割を担うことも、既存のバリデーターにステークを委任することもできる。システムの設計は、ネットワークの防御メカニズムを強化する。ステークされたトークンの量が増えるにつれて、幅広いバリデータが協調攻撃に対するネットワークの耐性を大幅に強化する。

ステーキングとは、スマートコントラクトに暗号通貨トークンをロックし、報酬と引き換えに取引処理や検証などのネットワーク運営をサポートすること。ブロックチェーン・ネットワークのセキュリティと効率性に貢献しながら、ユーザーが受動的な収入を得る方法。ステーキングはProof-of-Stakeブロックチェーンの中心であり、コンセンサスメカニズムは計算作業ではなくトークン保有者の参加に依存している。

DYdXはプロトコルの手数料の100%を、ネイティブトークンの代わりにUSDCでステイカーに分配する。今日現在、ホルダーは17,88%のAPRで1億4,883万DYDXを投じている。

ガバナンス

dYdX V4への移行は、より民主的なガバナンス・システムへの移行を告げるものであり、DYDX保有者は提案の提出や投票を通じてネットワークの将来に直接影響を与えることができる。プロトコルの前バージョンとは対照的に、保有者は2,000の未ステークのDYDXと少量のガスがあれば投票できる。これにより、トークンの機能が大幅に強化され、従来の役割からdYdXチェーンの戦略的発展を形成する重要な役割を果たすようになった。2024年に入ってからのガバナンス投票数は、2023年全体では30票であったのに対し、合計52票となった。

DeFiにおけるコミュニティ・ガバナンスは、金融システムを民主化し、トークン保有者が直接意思決定や政策に影響を与えることを可能にすることで、重要な役割を果たしている。このような関与により、プラットフォームの開発がユーザーのニーズと一致し、透明性と信頼が育まれる。さらに、集合的な知恵とリソースをプールすることで、セキュリティとイノベーションを強化することができる。

エコノミクスと報酬システム

前述の通り、dYdXチェーン・エコノミクスの枠組みは、バリデータとステーカーにプロトコル手数料の100%を報酬として支払う。この報酬システムは継続的な参加を動機付け、ネットワークの拡大と長期的な実行可能性を支える。また、安定した発展の軌道を保証し、広く関与するステークホルダーのサポートを通じてセキュリティを強化する。

このプロトコルは、本稿執筆時点で1万8,800人のステーカーに1,970万ドルを分配している。

トークノミクス

トークノミクスとは、暗号通貨の経済学を指し、トークンがどのように発行され、分配され、エコシステム内で管理されるかを詳述する。トークンの供給、分配メカニズム、保有者のインセンティブなどが含まれる。トークノミクスを理解することは、トークンの長期的な生存可能性、プロジェクトの成功と投資家にとっての価値への潜在的な影響を評価する上で極めて重要である。

DYDXトークンの総供給量は10億個に制限されており、本稿執筆時点の現在の流通供給量は464 677 529個である。最新の流通量はCoinMarketCapで見ることができる。

ethDYDXのローンチ後、いくつかのプロポーザル(DIP 14DIP 16DIP 17DIP 24)はこれらの初期配分を調整した。この動きは、プロジェクトのエコシステムとガバナンスの枠組みをサポートするための分配戦略の力学を反映したもの。

現在、この配分には以下が含まれている:

  • 27.7%:投資家:
  • 15.3%:dYdXトレーディングまたは財団の従業員およびコンサルタントに対するもの
  • 7.0%:dYdXの将来の従業員およびコンサルタント
  • 14.5%:ユーザー取引報酬
  • 5.0%:遡及的支給に充当される
  • 3.3%:流動性プロバイダー報酬に充当される
  • 26.1%:コミュニティ・トレジャリー
  • 0.6%:流動性ステーキングプール
  • 0.5%:安全性ステーキングプール
DYDXの配分

DYDXトークンのdYdXチェーンへの移行は、現在Cosmosエコシステムの一部であり、その機能と全体的な価値を大幅に高めるものである。この動きは、よりスケーラブルでセキュアな、コミュニティ主導のプラットフォームを求めるDeFiセクターの動きと一致する。ガバナンストークンとしてのみ使用されていたethDYDXとは異なり、DYDXの保有者は、ガバナンス、ステーキング、ネットワークのセキュリティ確保において、より強化された役割を得ることができる。

DXDXの購入方法

DYDXネイティブトークンは中央集権型(CEX)と分散型(DEX)の両方のプラットフォームで購入できる。

注目すべきオプションには以下のものがある。

  • OKX – DYDXが取引可能な最大級の集中型取引所。
  • KuCoin – DYDXの取引ペアを提供するもう一つの大手中央集権型取引所。
  • Osmosis – Cosmos上に構築された大手分散型取引所。ここでは、仲介者を必要とせず、自分のウォレットから直接DYDXを取引できる。

これらの暗号資産取引所は、中央集権的な取引所でのスポット取引や、Osmosisのようなプラットフォームでのウォレットからウォレットへの直接取引など、さまざまな取引オプションを提供している。取引前に各プラットフォームの機能とセキュリティ対策を必ず確認すること。DYDXを購入できる全般的なリストと詳細なマーケット情報については、CoinMarketCapのマーケットページを参照。

ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
PancakeSwap PancakeSwap 50まで%
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー