詳細を見る

【PR】 Google Bardが23年末までに高騰するコインにイーサリアム、エバーロッジ、柴犬コインを選んだ理由

6 mins

ヘッドライン

  • Google Bardが23年末までに高騰するコインにイーサリアム、エバーロッジ、柴犬コインを選んだ
  • Google Bardによれば柴犬コインは第4四半期に急騰の可能性
  • エバーロッジ(ELDG)も追随する形でさらなる成長が見込まれている
  • promo

テクノロジーが進化するにつれ、投資家やトレーダーが正確な価格予測を行うために必要なデータを入手する方法も進化している。最も新しい方法のひとつは、AI技術を使ったものだ。Google BardはAI主導のチャットボットで、最近、暗号資産トレーダーからの人気が急上昇している。2023年12月までに急騰する可能性のある暗号資産ベスト3について尋ねると、イーサリアム(ETH)、柴犬(SHIB)、エバーロッジ(ELDG)との答えを出した。そこで本記事では、チャート上のデータから、これらの暗号通貨がどこまで急騰する可能性があるのか、具体的に解説する。

Googleが開発したAI「Bard」、イーサリアム(ETH)の上昇トレンドをインサイト

イーサリアム(ETH)は最近、Scrollのローンチを受けて脚光を浴びた。これは、ゼロ知識イーサリアム仮想マシン(zkEVM)空間の一部であるレイヤー2ネットワークである。その目的は、イーサリアム・ブロックチェーンを大幅に拡張することである。さらに、Scrollのローンチに関する公式アナウンスは10月17日に行われたが、オンチェーンデータによると、この1週間以内にローンチされたようだ。
最新のオンチャートデータに基づき、GoogleのAIであるBardがETHについていくつかのインサイトを示した。Bardは、現在のマクロ的な状況において、ETHや他のアルトコインが上昇トレンドを継続する可能性があると述べた。

柴犬コイン(SHIB)は第4四半期に上昇トレンドか?

柴犬コイン(SHIB)もShibariumで大成功を収めた。このネットワークは349万トランザクションに達しただけでなく、1.25以上の暗号資産ウォレットが接続されている。その結果、柴犬コインへの関心とトランザクションが間もなく急上昇する可能性がある。Google Bardによれば、柴犬コインの価値もまもなく大きく上昇する可能性があるという。
過去の実績から、過去1週間の柴犬の価格は0.00000674ドルから0.00000713ドルの間であった。しかし、Bardはむしろ前向きな見通しを持っており、第4四半期には上昇トレンドの可能性を示すだろう。

エバーロッジ(ELDG)はどうなる?

ETHとSHIBが注目を集める中、Everlodgeは取り残されないだけの粘り強さを見せている。Everlodgeチームは、Everlodgeが280兆ドル規模の不動産業界に参入することで、さらなる成長を遂げると確信している。
NFTフラクショナリゼーションを利用することで、この業界を完全に変革することができる。このプロジェクトの目的は、より多くの個人が不動産分野にアクセスできるようにすることである。

同プラットフォームを利用すれば、わずか100ドルから始めることができる。同プラットフォームは、価値の高い不動産を表すNFTを造幣する。そして、そのNFTは、特定の不動産における各人の持ち分を表す、より小さな端数に分割される。
NFTのもうひとつの興味深い点は、不動産が値上がりすればNFTも値上がりすることだ。さらに、利用者は融資を受ける際、NFTを担保にすることができる。現在、プロジェクトはプレセールのステージ5に達し、ELDGはわずか0.02ドルで取引されている。

エバーロッジ(ELDG)の詳細情報

Web: https://www.everlodge.io/

Telegramコミュニティ: https://t.me/everlodge

ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る
ベスト暗号資産取引所
Exodus Exodus 見る
BingX BingX 見る
BYDFi BYDFi 見る
Coinrule Coinrule 見る
Chain GPT Chain GPT 見る

Follow us on:

X(Twitter):@BeInCryptoJapan
Telegramチャンネル:@BeInCrypto Japan オフィシャルチャンネル

免責事項 - Disclaimers

当ウェブサイトに掲載されているすべての情報は、誠意をもって作成され、一般的な情報提供のみを目的としています。当ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて行う一切の行為については、読者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

Shigeki_Mori.jpg
Shigeki Mori
大阪府出身。日本では雑誌編集者、読売テレビ広報記者、豪州では日系メディア編集・記者などを経てフリーに。日本とオーストラリアで20年以上、ジャーナリスト、編集者、翻訳者、ウェブプロデューサーとして活動してきた。近年は暗号資産関連の記事の執筆や翻訳、コンテンツ・マネジメントを行っている。
READ FULL BIO
スポンサー
スポンサー